中日ドラゴンズ 若手の育成必須!!なぜなら!!!

中日ドラゴンズの応援サイト

中日ドラゴンズ 若手の育成必須!!なぜなら!!!

2022年2月14日 ドラゴンズネタ 0

1:はじめに

2022年2月1日から、12球団が一斉にキャンプインしました。

立浪和義新監督就任し、中日ドラゴンズ全体的に、今年こそは、

必ず若手が活躍すると思っているドラゴンズファンも少なく

ないと思います。!が!!やっぱりちょっと不安に思って

しまうのも無いとは言えません。

ビシエド選手福田永将選手も、中日ドラゴンズチーム内でも、

本塁打を打てるし、実績も他の選手よりは、期待が持てます。

がしかし、今の二人の成績も他球団の主砲と比べると、

まだまだ良い成績とは言えません

本塁打の数の理想だけを言えば、本塁打王を狙える選手

がいて、20本以上の選手が2人15本以上の選手が1人

10本以上が2人5本以上が3人、これだけ本塁打を打てれば、

少なく見積もってみても、130本+α位は、中日ドラゴンズ

でのチーム成績になります。

これくらい打っていれば、中日ドラゴンズは着実に

Aクラスは勿論、打撃部門でも、セ・リーグの中でも脅威

なってきます。

2:中日ドラゴンズの選手が打撃成績、長打の部門で圏外

さて本題に入りたいと思います。近年、中日ドラゴンズの

選手で、2017年本塁打王になったゲレーロ選手がいましたが、

以外の年は、全然上位に名前が挙がる選手が居ません

ビシエド選手は大好きな選手ではありますが、

打率では申し分が無いのですが、本塁打がかなり物足りない

数字です。他にも期待している選手、高橋周平選手、

福田永将選手、堂上直倫選手、平田良介選手等々

がいて、上げたらきりがありません。

でも、名前を挙げた選手も、まだまだ期待している

成績が残せていません。

なので期待している選手がどれだけ本塁打を打って

きていたのかを知りたいと思いました。

3-1:2021年→2016年 本塁打数

中日ドラゴンズの選手内で、本塁打数上位5名の

成績が分かる表を作成しました。

2021年選手名本塁打数
ビシエド17
木下 拓哉11
福田 永将8
阿部 寿樹5
高橋 周平5
堂上 直倫5

2020年選手名本塁打数
1ビシエド17
2阿部 寿樹13
3アルモンテ9
4高橋 周平7
5木下 拓哉6

2019年選手名本塁打数
1ビシエド18
2福田 永将18
3堂上 直倫12
4平田 良介8
5アルモンテ7
5阿部 寿樹7
5高橋 周平7

2018年選手名本塁打数
1ビシエド26
2アルモンテ15
3福田 永将13
4高橋 周平11
5平田 良介9

2017年選手名本塁打数
1ゲレーロ35
2ビシエド18
3福田 永将18
4平田 良介6
5藤井 淳志6

2016年選手名本塁打数
1ビシエド22
2平田 良介14
3福田 永将10
4ナニータ8
5堂上 直倫6

2021年~2016年は、現中日ドラゴンズ不動の4番ビシエド選手の

入団元年2016年からの本塁打数の表になります。

  • ビシエド選手

2018年のキャリアハイの成績本塁打26本は、良い成績ではありますが、

不動の4番の本塁打数にしては、まだまだ物足りなさが残ります。

最低でも本塁打数は、30本超を目安にしてほしい。

  • 福田永将選手

2017年、2019年に本塁打数18本と良い成績を残しています。

ただ次の年に更なる飛躍するべき年でしたが、まだ安定

した成績が残せていない。

目標は、本塁打20本を打って尚且つ、複数年持続させる。

  • 高橋周平選手

長距離バッターとして期待していた選手でした。2014年に

念願のスタメンメンバーになったが、2015年に低迷し、その

年以降、長距離バッターの意識が少なくなり、ミートに重心

を置いたバッティングに変化した。

そこが現在も長距離バッターとして飛躍しない原因だと

考える。しかし現在のバッティングスタイルを踏まえつつ、

長距離バッターを目指すのも良い結果を得られるはずだ。

  • 平田良介選手

2005年高校生ドラフト1位で、中日ドラゴンズ入団。

入団2年目には、日本シリーズで日本一になる決勝犠牲フライ

を挙げたミスタードラゴンズ後継者。

がしかし本当にプロ野球選手として、活躍したのは6年目から

6年連続2ケタ本塁打。

長い間大島洋平選手と二人で、中日ドラゴンズの顔になる

主力選手。チャンスメイクする大島洋平選手を本塁に返す役目の

平田良介選手。近年活躍が見れていないのは寂しい限りだが、

年齢33歳とキャリアもベテランの域に達した訳だが、まだまだ

大活躍を期待出来る選手。

  • 阿部寿樹選手

2020年、2021年の大活躍を期待した選手だが大低迷。

もう一度復活してまだまだ活躍出来る事を見せつけて

ほしいです。

だが!2022年は飛躍した成績を残さないと代打要因に

成り兼ねない大事な1年になりそうだ。

  • 木下拓哉選手

今の中日ドラゴンズ野手の中で一番良いキャリアを歩んでいる、

キノタクこと木下拓哉選手。キャッチャーとしての守り

の部分も、打撃部門でも本塁打20本を打つチャンスの年。

昨年も絶対的レギュラーのポジションを勝ち取ってはいる

ものの、シーズンフル出場はしていない。

2022年シーズンは、シーズンフル出場し、本塁打を20本を

打って、攻守ともに主役になってほしい。

  • 堂上直倫選手

スーパーサブのポジションになっている堂上選手。

立浪和義新監督になり一番のチャンスを掴みそうな

予感がしている選手の一人。

期待されて入団した選手なので、潜在能力がかなり

高いものを持っているので、その潜在能力が新体制

担って覚醒するのもあると思います。

3-2:2015年~2009年 本塁打

2015年選手名本塁打数
1平田 良介13
2エルナンデス11
3ルナ8
4福田 永将6
5藤井 淳志6

2014年選手名本塁打数
1ルナ17
2和田 一浩16
3森野 将彦13
4平田 良介11
5高橋 周平6
5藤井 淳志6

2013年選手名本塁打数
1クラーク25
2和田 一浩18
3森野 将彦16
4平田 良介15
5ルナ9

2012年選手名本塁打数
1ブランコ24
2平田 良介11
3和田 一浩9
4森野 将彦6
5谷繁 元信5

2011年選手名本塁打数
1ブランコ16
2和田 一浩12
3平田 良介11
4森野 将彦10
5グスマン7

2010年選手名本塁打数
1和田 一浩37
2ブランコ32
3森野 将彦22
4谷繁 元信7
5堂上 直倫5

2009年選手名本塁打数
1ブランコ34
2和田 一浩29
3森野 将彦23
4藤井 淳志10
5谷繁 元信9
  • ブランコさん

現在のビシエドも長年在籍していますが、ブランコ

も長年に渡り愛された理想のホームランバッターだと

思います。

  • 和田一浩さん

FA宣言で補強選手

補強で本塁打が打てる選手獲得して、チーム力アップした

良い例でした。

  • 森野将彦さん

生え抜きで、本塁打20本以上打った最後の選手。

森野さん以来の生え抜きの選手で本塁打20本以上

打つことを2022年は期待します。

3-3:2008年→2007年本塁打数

2008年選手名本塁打数
1タイロン・ウッズ35
2中村 紀洋24
3森野 将彦19
4和田 一浩16
5李 炳圭16

2007年選手名本塁打数
1タイロン・ウッズ35
2中村 紀洋20
3森野 将彦18
4福留 孝介13
5李 炳圭9
  • タイロン・ウッズさん

今でも中日ドラゴンズファンから今でも人気投票でも

一位になる理想の四番バッター。

先程のブランコさんとタイロン・ウッズさんを足して

二で割ったのが、2022年からのビシエド選手になって

ぜひ将来の人気投票で、タイロン・ウッズさん勝てる

ようになってほしいです。

  • 中村紀洋さん

育成で中日ドラゴンズに入団。

育成で本塁打が打てる選手を補強出来た良い例。

現在は打撃コーチで、中日ドラゴンズ復帰。

森野さんと中村紀洋さんで、本塁打20本が打てる

選手を育てていただけると期待を持っている。

4:まとめ

  • 生え抜き選手の育成
  • 生え抜き選手の本塁打20本達成
  • ビシエド選手をホームランバッターに
  • 若手の育成後に,FA宣言した選手獲得

他球団の生え抜き選手で本塁打を打てる選手を

育てられているので、中日ドラゴンズにも育って

ほしい。

東京ヤクルトスワローズでは山田哲人選手、

村上宗隆選手、阪神タイガースでは大山悠輔選手、

佐藤輝明選手、讀賣ジャイアンツでは坂本勇人選手、

岡本和真選手、広島カープでは鈴木誠也選手、坂倉

将吾選手、横浜DeNAベイスターズ佐野恵太選手、

牧秀悟選手

セ・リーグの各球団を見ると中日ドラゴンズだけ

ホームランバッターを育成出来ていない気分に

なります。

中日ドラゴンズの若手にもホームランバッター

して、素質がある選手が沢山いるから、2022年は

若手育成の為、補強に力を入れない意味がここに

あると思います。

コメントを残す