投手陣の安定感を上げて、セ・リーグをもっと盛り上げようドラゴンズ

中日ドラゴンズの応援サイト

投手陣の安定感を上げて、セ・リーグをもっと盛り上げようドラゴンズ

2021年7月11日 2021年リーグ戦 0

説明文(投稿内容)     8月10日に説明文を追加しました。

この物語は架空ですが、実際の出来事を登載させて、物語の中で

ブログ運営者の意見を言う構成になってます。

登場する人物・団体・名称等は架空であり、実在のものとは関係ありません。

登場人物プロフィール

サイトリューアル!!第一弾キャラクター決定!!!

7月11日 AM7:45 上を向いて歩高校正面玄関

高奈巳龍五(たかなみ りゅうご)は、所属する部活(バドミントン部)

の練習の為、音楽を聴きながら部室へと向かっていた。

バドミントン部は、国体の予選で敗退していたので、3年生は

引退して、2年生がメインとり秋の大会に向けて、激しい練習

をしていた。

しかし、龍五は上機嫌だった。

そんな時、朝練を終えて、野球部のメンバーが続々と日陰で休憩

をし始めるところだった。そこで、頭にタオルをのせた同じ

クラスメイトの曹 淳三(そう あつみ)がいた。

龍五「敦三 お疲れ 朝練なんだ~大変だな ウフッフッ」

淳三「なんだよ!その笑み!ムカつく!」

龍五「まあ~まあ~まあ、頑張れたまえ高校球児君 ウフッフッ」

淳三「どうせ 中日が調子いいからだろう!今日こそオースティン

  が、一発喰らわすかんなあ~」

龍五「頑張ってくれたまえ。ウフッフッ」

その時野球部のマネージャー喬娃七(きょう あいな)が、

スポーツドリンクを持って近づいてきた。

龍五「マネージャーあ疲れ~、じゃぁなぁ淳三 頑張れよ」

淳三「おっ!龍五もな!今日(中日vs横浜)は勝つかんなぁ~」

娃七「龍五くんもお疲れ~練習がんばってね!」

龍五は、背中越しで軽く手を振った。

龍五「さぁ~俺も負けられないね(部活)」

と独り言を言った時、金属バットで、会心の一撃がカッキーーン

と聞こえた。

龍五「ま、まさか!!これは・・・」

ウィーン君「そこの君、そこの君・・・」

龍五「やっぱり、あの時の野球ボールか!!」

ウィーン君「な~んだ⤵今回はそんなに驚かないんだね⤵」

龍五「野球ボール 今日はこれから部活だから、構ってられない

   だよね!ごめんね」

ウィーン君「昨日の松葉投手良かったよね!それに金曜日の

      小笠原投手も・・」


引用写真   写真名:先発し粘りの投球を見せた松葉

引用URL先

https://www.chunichi.co.jp/article/288571

龍五「今シーズン一番に投手陣がいい感じですよね!!

   でも、昨日は、キャプテン(高橋周平)も、やっと

   活躍したし、福留さんも打ったから、今日も勝てますよね!」

引用写真   写真名:4回裏1死二、三塁、高橋周が先制の2点二塁打を放つ

引用URL先

https://www.chunichi.co.jp/article/288785

引用写真  写真名:5回裏1死、福留が右越えに本塁打を放つ

引用URL先

https://www.chunichi.co.jp/article/288787

ウィーン君「でもやっぱり、うちは(中日)は守りだからね」

龍五「じゃーそろそろまとめをお願いします」

まとめ

セ・リーグ上位にいける為の挑戦者資格

1,投手力を最大限生かす。

2,得点を取って勝った次の日も調子を持続させること。

3,地の利を生かし、ジタバタしないで、チーム力を信じる。

ウィーン君「とにかくオリンピック前の前半戦、一敗もしない

      という意気込みで戦ってほしい」

龍五「で~す~ね~ じゃ~また~」

ウィーン君「頑張れよ~部活~」

龍五「・・・」

龍五は野球ボールにも、カッコつけて背中越しで、軽く手を

振った。

コメントを残す