どう戦うミスタードラゴンズ立浪和義新監督

中日ドラゴンズの応援サイト

どう戦うミスタードラゴンズ立浪和義新監督

2022年1月30日 2022年開幕前まで 中日ドラゴンズ 0

2022年ドラゴンズはどんな戦い方をする!!

2022年のスローガンは、All for Victory 〜すべては勝利のために〜

このスローガンを見た時に感じたのは、強い中日ドラゴンズを作る

為に、本腰を据えて若手を育てる強い意志が感じとれました。

立浪和義新監督が手っ取り早くチーム力を上げる方法を全くしなかった

こと。それはビシエド選手に匹敵する外国人を獲得しなかったこと。

又吉克樹選手がFA宣言でソフトバンクに移籍し、人的補償で岩嵜翔選手

が入団。どう転ぶかはシーズンが始まってみないと分かりませんが、

ここは、プラスマイナスゼロと考えるのが妥当だと判断しましょう。

そのほか昨年のドラフト選手以外ほぼ現状維持の状況です。

ここで問題が頭に浮かびます。

  • 2022年セ・リーグ優勝を狙う気はあるのか?
  • 昨年の失敗を繰り返すのか?

等々ネガティブワードしか思いつきません。

がしかし考えても見てください。

立浪和義新監督が愛してやまない中日ドラゴンズ

の監督をやる初陣を飾る大事な一年を

現状維持で挑もうとしている!

  • 勝算がある
  • 若手・中堅・ベテラン全ての選手が良いものを持っている

中日ドラゴンズの選手が監督、球団側から期待

されている。それじゃやるしかないと選手が1人1人

自分で鼓舞する環境になっていると思います。

そこ大事なのが、監督、コーチそれぞれが選手の

背中をそっと押してくれる。それが一つ一つの結果に繋がり

1つの勝利へと導く、それが今年のキャッチフレーズ

All for Victory 〜すべては勝利のために〜の本心だと思います。

待ってました!!立浪和義新監督

ミスタードラゴンズと言えば、立浪和義さんが一番に頭に浮かびます。

現役は2009年にユニフォームを脱いで、12年間も待って、待って

待ち続けました。その間の監督も魅力的ではありましたが、ミスター

ドラゴンズ立浪和義新監督より適任の人選はいないと思います。

理由はこれだ

  • 生粋の中日ドラゴンズ
  • リーダーシップがある
  • 現役時代が超一流
  • メディア受けがいい
  • 人脈がある
  • 闘争心がある
  • さらに勝てる野球を知っている
  • 自分の経験から溢れ出る野球哲学がある

高校野球から立浪新監督を見ていて

思ったこと、感じたこと、期待すること等を

整理してみました。

それぞれの理由についてお話ししていきます。

生粋の中日ドラゴンズ

まず初めにプロ野球を始めたチームが、中日ドラゴンズ

で始まり、一年目からレギュラーで、一年目でリーグ優勝

22年間のプロ野球人生を中日ドラゴンズ一筋。まずはここ

大阪で生まれた立浪和義さんが、プロ野球人生を中日ドラ

ゴンズに捧げたのか、まず大きな要因は、立浪和義さんの

人格が大きくあると思います漢字一言で言うと”義”です。

歴史上の偉人で例えると、三国志に出てくる主役の一角

劉備玄徳のようです。

次は現役を退いて、12年間他球団にも属せず、純潔の

まま監督に就任した。YouTubeで拝見した時、星野仙一

さんが生前、立浪和義さんに「お前、純潔のままを守り

続けて、中日ドラゴンズの監督として戻ってくるんだ。

腐るなよ」等と立浪和義新監督就任の時のインタビュー

で言っていたのを、守って貫いたこと。

リーダーシップがある

立浪和義さんは、現在野球部が無期限休部中のPL学園

の出身である。知っている人には恐縮ですが、立浪和義さん

が在学中には、3年生の時、PL学園のキャプテンとして、

春夏甲子園を連覇しています。

確かにメンバーが凄すぎるから連覇した大きな要因の1つかも

知れません。その強者たちをまとめ上げたのは、PLの監督、

コーチの存在は大きいと思いますが、キャプテン立浪和義さんの

存在も大きいと思います。その高校球児の成長期に学んで覚えた

ことは一生消えることのない貴重なリーダーシップを確実に獲り

込めた結果が、長くプロ野球選手として続けられたベースだと

思います。

更にプロ入り一年目の時に運命的な人と出会います。

当時監督就任二年目を迎えた星野仙一さんです。

ここで強烈なリーダーシップを学び、学生の時の

リーダーシップ論と星野仙一さんから学んだこと

を吸収した立浪和義新監督にはこう言った考えを

心の炎へと繋いで、新たな令和の闘魂伝説を作って

くれると大いに期待しています

現役時代が超一流

立浪和義さんと言えば、名球会に入っているのは、

勿論、二塁打487本NPB歴代1位の成績が代名詞です。

プロ入り通算打率も0.285安打数2480本、本塁打171本

打点1037点とさすが!!ミスタードラゴンズ

ちなみにキャリアハイは、プロ入り9年目の1996年の

打率0.323安打165本です。

それに匹敵するのが、2008年には代打の切り札になる

わずか4年前の2004年打率0.308安打161本が目につきます。

メディア受けがいい

立浪和義さんは、素敵なルックスは勿論ありますが、

笑った笑顔が素敵でいて、試合中の真剣な表情は、

怖い位の迫力ある表情が印象的な人だと思います。

引退してからは、解説等でよく見かけていますが、

そこにトーク力も素晴らしく、それでいて無言で

あるところもとっても魅力的な存在だと思って

拝見していました。

人脈がある

わたくしが知っている立浪和義さんは、高校自体

からの同級生は勿論、先輩清原和博さん、桑田

真澄さん、後輩の宮本慎也さん、がいましたし、

同級生の片岡篤志さん、野村弘樹さん、橋本清さん

をPL学園のキャプテンとして、チームをまとめ、

更に春夏甲子園連覇!PL学園だけではないですが、

同じ出身校の繋がりは、絆が強いし、上下関係も

しっかり信頼関係がある。

次は、現役を引退してから、解説者として長く

やっていたので様々なプロ野球解説者と共演して

様々な野球観を学び、共感して信頼感もあると

思います。

闘争心がある

立浪和義さんのプレーで印象的だったのが、

1994年の10.8決戦での、試合終盤に見せた一塁へ

のヘッドスライディングで、内安打になったのは、

いいが、肩を脱臼したシーンが記憶に残っています。

そのギリギリの戦いの中を、全力を通り越した

気力ごとヘッドスライディングに乗せていたプレー

が、立浪和義さんのプレースタイルなんだと

感じました。

さらに勝てる野球を知ってる

高校野球の時も、PL学園自体が諦めない野球で、

神懸かり的に勝利を掴んでいたこともあると

思います。解説者として第三者ではありましたが、

自分だったこうすると言う思いを長年思い続けている

ので、中日ドラゴンズはどうしたら勝てるのか、

どうしたら優勝争いが出来るのか、どうしたら優勝

出来るかをしっかりとしたビジョンがあるので、

それを継続して実行し、結果に繋がり、選手に

自信が漲る。

自分の経験から野球哲学がある

高校野球では、最後まで諦めない野球をやってきたので、

大きな軸は、諦めない野球が第一にくるだろう。

次は監督就任会見でも言っていましたが、野球は投手力

が8割を占めていると公言していたので、更なる投手力

、守って、守って、守って相手チームに楔を入れて、何とか

して、泥臭く一点をもぎ取り、一試合、一試合、着実に勝つ

野球をする。結果、上位に付けられたら、そのころには、

選手一丸となり、強竜打線復活で、栄光のゴールが見えるはずだ。

まとめ

  • 投打バランス良く育成
  • 勝利を1つ1つ積み重ねて、各個人の能力向上
  • 頼れる立浪和義新監督に期待
  • ただ長い目で見守る

コメントを残す