中日ドラゴンズ!ホームバンテリンドーム🎉東京ヤクルトスワローズと打撃戦!真っ向勝負!!!

中日ドラゴンズの応援サイト

中日ドラゴンズ!ホームバンテリンドーム🎉東京ヤクルトスワローズと打撃戦!真っ向勝負!!!

2022年4月23日 ドラゴンズネタ 0

こんばんは!ウィーン君です。
前回神宮球場東京ヤクルトスワローズの対戦して2勝1敗で勝ち越し
ホームバンテリンドームでの2連戦!!チーム状態はサイコー!!
山田哲人選手、村上宗隆選手には要注意ですね。
2人が活躍すると打線が繋がり抑えることが、困難になります。
まずは、大リーグコーナーから!!

今日の大谷翔平選手

4月20日大谷翔平選手4打数NO安打1三振1四死球だった。まだ本調子では

ないようですね。しかしチームは勝利して首位返り咲きました。こんな日もあるでしょう。

4月21日の大谷翔平選手リアル二刀流の日でした。まずは打者4打数2安打2打点1四死球

した。投げる方は今シーズン3試合目の登板で初勝利を目指しました。結果は6回81球被安打1

与四球1 12奪三振初勝利を手にしました。4月22日試合がありませんでした。

今日の鈴木誠也選手

4月20日鈴木誠也選手1打数NO安打4四死球だった。この試合は初めて二番に入った

試合だったが、相手チーム鈴木誠也選手との勝負を避けた感じになった。

しかし、NPB在籍中より打率が高すぎる.414って長打力がある選手で、打率もこんなに

高かったら、勝負してもらえないですね。一度罠をかけるスイングをして罠に掛けてみたら

どうでしょう。相手ピッチャーが打てるコースに投げてくるかも知れませんね。

ただリスクも高いけど・・・4月21日鈴木誠也選手2打数NO安打2三振1四死球2試合

連続結果が出ませんでした。4月22日鈴木誠也選手4打数NO安打3三振3試合連続

です。三振がちょっと目立つような感じがしますが、鈴木誠也選手はまだまだ1年目で

ほとんどの投手が初対戦なので仕方がないですね。それでもまだ打率.343高アベレージ

なので頑張ってほしいです。

今日の片岡ドラゴンズ

今回から幅を広~くする意味でも、ファーム情報をコーナー化する
ことにしましたので、宜しくお願いします。

  • 現在(ウエスタンリーグ)順位
  • 中日ドラゴンズ 22試合13勝5敗4分 勝率.722

一軍監督 立浪和義新監督と片岡篤志新監督の連携素晴らしく大野雄大選手

柳裕也選手コロナ陽性離脱している小笠原慎之介選手固定の先発投手軸にして

残り、3枠を対戦相手球場等の得意投手を先発にする。その間の調整を二軍

行い、現段階は大変機能していると思います。その結果が一軍3位ウエスタンリーグ

一位の成績に結果が繁栄していると思います。

余り連携が濃厚過ぎてお昼にゲームをやるファーム大勝、勝っていてば
ナイターの一軍良い結果になるかもと思えるが、ファーム大敗したら、
もしやと思ってしまいます。

4月20日 対ソフトバンク戦

一軍控え選手が試合勘を戻すのに、根尾昴選手岡林勇希選手溝脇隼人選手平田良介選手

山下斐紹選手が試合出て調子を上げるのは良策だとおもいますが、怪我だけは最善の注意

払ってもらいたいと思います。

中日ドラゴンズ 11 対 6 ソフトバンクホークス

  • 平田良介選手 3打数2安打2打点
  • 根尾昴選手 3打数1安打1四死球
  • 山下斐紹選手 2打数1安打1打点

育成選手福島章太選手今年は投げれているので、まずは良い事です。

佐藤優選手良い投球が出来ていると思います。

橋本侑樹選手マルク選手も良いが一軍で活躍してほしいので、辛口に

もう少し制球力が必要です。

4月21日 ソフトバンクホークス戦

前日と同じようなメンバーでした。スターティングメンバーは一軍でやれる

メンバーだったが、4安打で抑え込まれた結果になりました。

しかし、結果は・・・

中日ドラゴンズ 4× 対 3 ソフトバンクホークス

9回表まで、3対1で負けていました9回裏に逆転勝でした。

4月22日 広島東洋カープ戦

根尾昴選手が再びショート挑戦ニュースが飛び込んできて、一軍登録抹消

根尾昴選手の結果は4打数2安打2打点良い調子でした。しかし試合アンビリバボー

な試合でした。9回まで7対2中日ドラゴンズが勝利を手にする瞬間9点取られて

負けました。

中日ドラゴンズ 7対11 広島東洋カープ

逆転負けをしてしまいました。

東京ヤクルトスワローズ第4戦を振り返える

中日ドラゴンズ先発はエース大野雄大選手、対する東京ヤクルトスワローズは、

サイスニード選手の対決になりました。

1回の表から、雲行きが怪しい投球大野雄大選手がなってしまいました。

山田哲人選手も、村上宗隆選手四死球で出塁したが、二人とも大野雄大選手

球を見送るのに全く反応していない。しいては早い段階ボールだと判断出来た

ことが分かるくらい体ピクともしていませんでした。塩見康隆選手には、スト

ライク変化球を芯で捕らえられて2点先制タイムリーを浴びた。

サイスニード選手立ち上がり完璧で4回までヒット許さなかった

大野雄大選手は何とか2回は抑えましたが、3回にはまたまた失点を許してしまう。

しかも青木宣親選手ヒット完全に捕らえられて引っ張られた

更に4回にも失点して、6失点でして大野雄大選手降板

エースなんだから2回以降は立ち直ってほしかった

4回にはやっと中日ドラゴンズ反撃が始まった。鵜飼航丞選手の内安打で、チャンスを

作りと言うか初めてのランナーだった。2アウトでビシエド選手に回ってきて、ビシエド

選手開幕戦菅野智之選手から打って以来。ここから反撃だと5回表から森博人選手

マウンドにあがり、塩見康隆選手にはヒットを打たれ、長岡秀樹選手死球になり、

オスナ選手にはインコース鋭いスイングを見せて、あっという間にスタンドイン

9対27回には石川昴弥選手のタイムリー二塁打と、溝脇隼人選手の犠牲フライ

5点差。しかし、山田哲人選手ヒットを打たれ、村上宗隆選手ホームランを打って

逆転不可能な点差になってしまった。ランナー一塁においてオスナ選手タイムリー

二塁打を打たれて12対4になり、八回裏には3塁1塁チャンスを掴んだが、チャンス

生かせず、ゲームセット

12対4負け

ターニングポイント

  • 3回の青木宣親選手のヒット

基本大野雄大選手出来悪かった一点調子が悪いと感じたのが3回青木宣親選手ヒット

で感じました。青木宣親選手一瞬大野雄大選手が投げてから、ためてそして引っ張った

投げてそこまで余裕があったので、球が全然走っていないことが分かりました。

東京ヤクルトスワローズ5回戦振り返る

中日ドラゴンズ先発3試合目高橋宏斗選手不審のため調整していた小川泰弘選手先発だった。

高橋宏斗選手プロ入り初勝利した相性のいい相手なのでメンタル的には良い状態臨めたと思い

ます。高橋宏斗投手の立ち上がりはキレキレでした。1回の裏は2番鵜飼航丞選手ヒットを放つも

先制点には繋がらなかった。2回先頭村上宗隆選手ヒットを浴びたが後続を断ち先制をさせなかった。

その裏にチャンスはやってきた。

  • 阿部寿樹選手ヒット
  • 木下拓哉選手ヒット
  • 石川昴弥選手四死球
  • 京田陽太選手2点タイムリーヒットで先制

まだノーアウト

  • 高橋宏斗選手失策にて出塁でまたまた満塁
  • 大島洋平選手フライアウトもタッチアップもアウト
  • 鵜飼航丞選手内野ゴロ

先制はしたものの火曜日大量失点があるので取れる時追加点がほしかった。

4回の表には高橋宏斗選手本日の山を迎えた。ワンアウトから山田哲人選手二塁打

打たれ、最近調子が上がっている村上宗隆選手を向かえた。しかしここで高橋宏斗選手

ギア一個あげて村上宗隆選手三振に取り、塩見康隆選手には四死球を与えるも

続く長岡秀樹選手内野ゴロに抑えて、高橋宏斗選手ガッツポーズ。しかも続く高橋

宏斗選手の打席で二塁打を打ち、大島洋平選手ヒットで続いて、鵜飼航丞選手内野ゴロ

の間に高橋宏斗選手がホームイン待望の追加点!!圧巻は6回山田哲人選手から三振

村上宗隆選手ホームラン、続く塩見康隆選手三振6回102球4安打1HR1四死球8奪三振

マウンドを降りた7回にも中日ドラゴンズビシエド選手阿部寿樹選手タイムリー二塁打

追加点。守りは祖父江大輔選手ロドリゲス選手ライデル・マルティネス選手繋ぎ逃げ切り

ゲームセット

4対1で勝利

ターニングポイント

  • 3回の村上宗隆選手を力で三振
  • 8回のロドリゲス選手が村上宗隆選手を三振

村上宗隆選手2打席目高橋宏斗選手力で抑え込み8回にはランナー二人を置いての

村上宗隆選手迫力、しかしロドリゲス選手も負けておらず三振でねじ伏せた

まとめ

  • 大野雄大選手での大量失点は大きかった
  • 高橋宏斗選手の勝利は連敗しないことに繋がった
  • ビシエド選手のHRは大きかった

コメントを残す