4月最後のカード!5月初戦になる広島東洋カープ戦!上位チームに勝負強さを見せられるか!!

中日ドラゴンズの応援サイト

4月最後のカード!5月初戦になる広島東洋カープ戦!上位チームに勝負強さを見せられるか!!

2022年5月2日 2022年リーグ戦前半戦 中日ドラゴンズ 0

こんにちは!世の中はゴールデンウイークになりましたね。
ウィーン君です。さぁ~これからと言う時に大島洋平選手
離脱🤣ファームで調子を上げ始めた高橋周平選手
入れ替わりと言う形ではありますが、若干高橋周平選手は、
もうちょっとファームで調整が必要ではと思う疑問は
残るもののやはり大島洋平選手が離脱した今、緊急事態
なのでこんな時にビシエド選手が放物線のように、いきなり
最高潮の調子にまで上げてもらってなんとか、大島洋平選手
戻ってくるまで耐え忍んでほしいと思います。
では、ミニコーナー大リーグ片岡ドラゴンズ本編広島
東洋カープ戦を振り返ろうと思います。

今日の大谷翔平選手

大谷翔平選手4月29日は休養日だったので、4月30日は休養明け試合でした。

この試合は4番DHでした。初回に打順が回ってきて、バックスクリーン横

飛び込む第4号ホームランを放った。4月30日大谷翔平選手成績は5打数

2安打1三振だった。11試合ぶり一発とチームも6連勝中に繋がった。

5月1日大谷翔平選手の成績は4打数NO安打1三振だった。連勝中のチームも

久々の敗戦となった。

5月2日大谷翔平選手成績3打数NO安打1打点1四死球。チームが大量リード

していたが、あわやの所まで追い込まれたが、ヒヤヒヤ勝利だったので、明日へ

良い形だったと思います。それと触れなけばならないことがありました。9回の

チャンスに大谷翔平選手の打席に回ってきたが、代打を送られました。理由は

右股関節の張りだそうです。大事にいたらければいいですね。

今日の鈴木誠也選手

4月30日鈴木誠也選手成績4打数NO安打1三振

5月1日鈴木誠也選手成績3打数NO安打1三振1四死球鈴木誠也選手

打率いつの間にか3割をきり現在の打率は.292と下っているのと、チーム

もなんだか元気のない状態なので心配する要素が多いと思います。

5月2日鈴木誠也選手成績4打数1安打1打点1三振打点を4試合ぶりに上げて

チームも3連敗をストップ。明日からの活躍に期待

今日の片岡ドラゴンズ

  • 現在(ウエスタンリーグ)順位
  • 中日ドラゴンズ 25試合14勝5敗6分 勝率.737

4月29日~5月2日の4日間は試合が組まれていません。5月3日ソフトバンクホークス戦

になります。ファームは今中日ドラゴンズと広島東洋カープが好調なので、5月13日

~15日に行われるビジター戦は楽しみな対決ですね。

広島東洋カープ戦第6戦

中日ドラゴンズの先発は近い未来のエース高橋宏斗選手広島東洋カープ先発は

早くもドラゴンズ戦3戦目になる大瀬良大地選手

基本投手戦緊張感があって面白い試合なのですが、大瀬良大地選手
との投手戦は、中日ドラゴンズ苦手と言うより、わたくしの方
大瀬良大地選手を苦手にしている感があります。

この試合前に一軍登録になった高橋周平選手がいきなり3番スタメン出場しました。

一回岡林勇希選手ヒットを打って、開幕当時大活躍した岡林勇希選手が、調子

落としていましたが、このヒットで復活してほしいと思います。続く高橋周平選手

ビシエド選手凡退してチャンスを逃してしまいました。一方一回を無難ね立ち上がり

した高橋宏斗選手にピンチを迎えました。

  • マクブルーム選手二塁打
  • 坂倉将吾選手三振

若干、坂倉将吾選手調子を落としているのかなあ、助かった!!

  • 曾澤翼選手内安打
  • 小園海斗選手フライアウト
  • 上本崇司選手守備妨害

高橋宏斗選手はヤクルトスワローズ戦のような調子ではなさそうだね

その後は、大瀬良大地選手球数少なめでアウトを重ねるとは対照的な高橋宏斗選手

球数を多めでアウトを取る高橋宏斗選手には勉強になるきっかけの試合になるかもしれ

ませんね。知らんけど(テレビで見た関西人のまねです)

そんな高橋宏斗選手痛恨の一発を5回2アウトから、堂林翔太選手アウトコース球

打たれてしまいました。大瀬良大地選手は、冷静な投球を続けて9回を完封勝利しました。

しかし、5回を高橋宏斗選手投げ切り球数110球被安打4被安打1被本塁打8奪三振3

四死球田島慎二選手山本拓実選手藤島健人選手清水達也選手と繋いで、高橋宏斗選手

1失点で抑えた。

1対0 完封負け

ターニングポイント

  • もっと大瀬良大地選手に球数を投げさせなければならなかった

球数を投げさせて、失投を待つそんな地味な戦いをしないと大瀬良大地選手ほどの

投手に黒星を付けることが出来ない。チーム一丸となるしかない。

広島東洋カープ第7戦を振り返る

中日ドラゴンズ先発ミスターバンテリンドーム相応しい投手松葉貴大選手

広島東洋カープ先発前回ドラゴンズ戦不甲斐ない投球リベンジを誓う

森下暢仁選手の投げ合いになりました。今回の松葉貴大選手は、初回ヒット

四死球3塁1塁のピンチを迎えましたが抑えて2回にも絶対絶命のピンチの2アウト

満塁まで追い詰められましたがこの回も何とか無失点で切り抜けられました。

一方の攻撃3回までヒット1本森下暢仁選手に抑えられていました。

チームは3連敗中だったのと森下暢仁選手から先取点必ず取っておきたい

得点でした。打者一巡をしてからいきなり中日ドラゴンズにチャンスが巡って

きました。

  • 岡林勇希選手ヒット
  • 石川昴弥選手内野フライアウト
  • ビシエド選手
  • 阿部寿樹選手先制タイムリーヒット
  • 高橋周平選手ライナーアウト
  • 木下拓哉選手フライアウト

森下暢仁選手だったので複数得点の方が、連敗ストップ出来そう?

一方立ち上がり不安定だった松葉貴大選手3回~5回までは、パーフェクトで抑えた

5回にもチャンスが到来した

  • 京田陽太選手三振
  • 郡司裕也選手四死球
  • 鵜飼航丞選手四死球
  • 岡林勇希選手ヒット

大島洋平選手が抹消されてから、岡林勇希選手が良い感じでヒットが出始めている

  • 石川昴弥選手犠牲フライで追加点
  • ビシエド選手内安打
  • 阿部寿樹選手内野ゴロ

松葉貴大選手上手いピッチングをしたので、打撃陣にも連動したのだろう。

祖父江大輔選手清水達也選手良い継投になった。7回の攻撃ではチャンス

作ったが、ビシエド選手タイムリー出ず追加点を取れなかった。

中日ドラゴンズ8回の男ロドリゲス選手上がり不安など微塵もなかった。

しかし、事件は起きてしまった

  • 松山竜平フライアウト
  • 堂林翔太選手ヒット

この時はラッキーヒットで、続く菊池涼介選手をダブルプレーで難無くチェンジ
だと思い込んでいた。

  • 菊池涼介選手ヒット

何かがおかしいとこの時思いました。それと柳裕也選手が選手讀賣ジャイアンツ
に打ち込まれた時のことを思い出してしまった。

  • 西川龍馬選手タイムリーヒットで1点差
  • マクブルーム選手タイムリーヒットで同点

ま、まさか(の思いだけでした)勝ち越しだけは勘弁して

  • 坂倉将吾選手三振
  • 末包昇汰三振

ほっ

自責点がなかったロドリゲス選手が失点したことで、放心状態になってしまいました。

しかし、今のドラゴンズは違うまたまた違う形のミナクルエイト奇跡は起きました。

  • 阿部寿樹選手ヒット
  • 高橋周平選手ヒット(今シーズン初ヒット)
  • 木下拓哉選手犠打で3塁2塁
  • 代打アリエル・マルティネス選手死球で満塁
  • 代打加藤正平選手タイムリーヒット
  • 代打福留孝介選手犠牲フライで2点差(今シーズン初打点)
  • 岡林勇希選手三振

最終回ライデル・マルティネス選手マウンドに上がり、エラーで出塁を許す

後続を抑えてゲームセット

4対2 連敗ストップ

ターニングポイント

  • 連敗をストップをしたこと

8回の両チームの攻防は広島東洋カープ戦このカードのポイントになり、シーズン終了時

このゲームをものにしたのは大きいと思います。

広島東洋カープ戦第8戦を振り返る

中日ドラゴンズ先発サンデー柳こと柳裕也選手広島東洋カープ戦先発玉村昇悟

投げ合いになりました。いきなり柳裕也選手にピンチがありました。

  • 堂林翔太選手フライアウト
  • 菊池涼介選手内野ゴロ
  • 西川龍馬選手ヒット
  • マクブルーム選手四死球
  • 坂倉将吾選手内野ゴロ

中日ドラゴンズにも先制のチャンスがきました。

  • 鵜飼航丞選手ヒット
  • 岡林勇希選手フライアウト
  • 石川昴弥選手ヒット
  • ビシエド選手フライアウト
  • 阿部寿樹選手三振

両テーム初回から同じようなチャンスだったが、5番バッター抑えた形になった。

しかし、柳裕也選手は、2回3回ランナーを背負う苦しい立ち上がりでしたが、

得点を許さず流石だなあと思ったが、気になるのは球数の多さが気にはなった。

相手チーチャンスの芽をつんだことで、中日ドラゴンズチャンスがきた。

3回裏に先制のチャンスがきました。

  • 鵜飼航丞選手三振
  • 岡林勇希選手ヒット

なかなかこの1,2番良い働きをしますね。どちらかがチャンスメイクする。
これが次の段階になって機能することになったら、得点力ぐぐ~んと跳ね上がる
はずですね。

  • 石川昴弥選手ヒット
  • ビシエド選手先制2点タイムリーヒット
  • 阿部寿樹選手ライナーアウト
  • 高橋周平選手ヒット
  • 木下拓哉選手フライアウト

待ってましたビシエド選手打点!!そして高橋周平選手調子がうなぎ上りの感があります。

しかしこのところ、阿部寿樹選手と木下拓哉選手に以前の勢いがないのが残念。

まあまあ!すべての選手が調子良かったら、打ち過ぎて耐えられなくなりそう。
想像だけでも凄すぎる!!!!

4回以降柳裕也選手立ち直りましたが、完封出来る球数ではないので、継投になるな

とは思いました。6回裏の攻撃では、自ら犠牲フライ追加点8回表には前日、得点

許してしまったリベンジ燃えるロドリゲス選手が上がり3人で抑えたので、リベンジ

は出来ましたが、三振を取れなかったことが気になります。

8回裏にはダメ押しとなる木下拓哉選手に犠牲フライ追加点木下拓哉選手打点

ついたことで次の横浜DeNAベイスターズ戦期待出来ると思いました。

9回はライデル・マルティネス選手が3人で抑えてゲームセット7セーブ目

4対0完封リレーで勝利、カード勝ち越し

ターニングポイント

  • 1,2番がチャンスメイク
  • 3番石川昴弥選手が力を発揮できるようになった

1番打者鵜飼航丞選手2番打者岡林勇希選手3番打者石川昴弥選手が機能したので、

4番ビシエド選手阿部寿樹選手数回のチャンスが来るようになったので、得点し易く

なった感がある。

まとめ

  • 先発に勝ち星を付けられる安定した成績が課題
  • 久々のカード勝ち越し

高橋周平選手復帰して調子も上がったので、強力打線横浜DeNAベイスターズと対等に

戦えると思います。

コメントを残す