8月5日,6日,7日 バンテリンドーム 熱戦のベイスターズ3連戦!! 

中日ドラゴンズの応援サイト

8月5日,6日,7日 バンテリンドーム 熱戦のベイスターズ3連戦!! 

2022年8月11日 2022年リーグ後半戦 中日ドラゴンズ 0

こんにちは! ウィーン君です。
先日から会社がお盆休みに入り、長女と家事をしながら
フォルトゥナの瞳NetFlixで鑑賞しました。
好きな人や周り人々を守ろうとする主人公の想いが、何か
勇気を与える実に有意義な時間を過ごせました。
と同時に原作読んでみたくなるストーリーでした。
最近は、韓ドラでパワーを感じていましたが、邦画
やはりオリジナル面白いと思いました。

それでは、ミニコーナー大リーグ片岡ドラゴンズ横浜DeNAベイスターズ
戦を振り返っていきます。

今日の大谷翔平

8月5日の大谷翔平選手の成績は、5打数3安打2本塁打2打点1三振の大活躍で

した。1打席目に第23号を放ち、4打席目に第24号を放った。

8月6日の大谷翔平選手の成績は、5打数1安打でしたが、4三振と結果がまた

どう言っていいか困りますが、仕方がないですね。

8月7日の大谷翔平選手は、ダブルヘッターの日でした。

一試合目3打数NO安打1三振でした。二試合目4打数NO安打1三振

で、快音がありませんでした

今日の鈴木誠也

8月5日の鈴木誠也選手は、ダブルヘッターの日でした。

1試合目は、4打数1安打1打点2三振でした。

2試合目は、3打数NO安打1四死球2三振でした。

8月6日は出場しませんでした。

8月7日の鈴木誠也選手の成績は、4打数NO安打1三振でした。

今日の片岡ドラゴンズ

8月5日 広島東洋カープ戦

鈴木博志選手が先発しました。負け投手にはなりましたが、試合をつくった

ことは良かったと思います。しかし打線の援護がなかったのが敗因だった

とは思いますが、そんな試合でも先発の好投一変するような選手に鈴木

博志選手がなってくれれば良いと思います。

中日ドラゴンズ 0対2 広島東洋カープ

8月6日 広島東洋カープ戦

福島章太選手が先発して好投しました。7回 101球 被安打4 与四死球2 6奪三振

でした。最近良いピッチングが出来ていなかった福島章太選手には、いい意味での

勝利でした。

中日ドラゴンズ 3対1 広島東洋カープ

8月7日 広島東洋カープ戦

橋本侑樹選手が先発して、2四死球を与えましたが、そこそこ安定した投球内容

変化していると感じました。

中日ドラゴンズ 4対1 広島東洋カープ

8月5日 横浜DeNAベイスターズ第14戦を振り返る

中日ドラゴンズは、8月4日先発予定だった大野雄大選手スライド登板した。対する

横浜DeNAベイスターズの先発は大貫晋一選手との投げ合いになった。

まずは、スライド登板になった大野雄大選手の立ち上がりは、桑原将志選手四死球

与えたが、続く楠本泰史選手の送りバントがフライになり、大野雄大選手ダイビング

キャッチして、飛び出した桑原将志選手が戻れずダブルプレーで切り抜けた。

大貫晋一選手の立ち上がりは、ピンチになった。

  • 大島洋平選手死球
  • 岡林勇希選手ライナーアウト
  • 阿部寿樹選手ヒット
  • ビシエド選手併殺打(は~あ~)

対戦成績が悪いから、先制点欲しかった!

2回両投手が、無難に3者凡退に抑えた。

3回には、大野雄大選手苦手意識がある選手にやられた。

  • 神里和毅選手内安打
  • 嶺井博希選手三振
  • 大貫晋一選手送りバント成功
  • 桑原将志選手死球
  • 楠本泰史選手先制タイムリーヒット
  • 佐野恵太選手フライアウト

やっぱり先頭の神里和毅選手の出塁と、大貫晋一選手簡単に送りバント
を決めたことが、ちょっと気持ちよく投げられない要因だったと思います。

しかも初回のチャンスを逃した中日ドラゴンズを5回までパーフェクト大貫晋一

選手が抑え込まれた。

5回には、大野雄大選手の苦手にしている神里和毅選手の打球を見失ったレビーラ選手

3塁打にしてしまった。続く嶺井博希選手に簡単にタイムリーヒットを打たれて、

しまった。

5回の攻撃も中日ドラゴンズ反撃きっかけをつかめないまま3者凡退

抑え込まれた。

しかも、6回には、佐野恵太選手牧秀悟選手宮崎敏郎選手連続ヒット2点

追加して、トドメを刺された。

やっと6回中日ドラゴンズ反撃を開始した。

  • 土田龍空選手三振
  • 滝野要選手ヒット
  • 大島洋平選手四死球
  • 岡林勇希選手フライアウト
  • 阿部寿樹選手タイムリーヒット
  • ビシエド選手タイムリーヒット
  • 木下拓哉選手内野ゴロ

反撃をしたが、二番手以降の投手が両チームしっかりと抑え9回山崎康晃選手

から、先頭の阿部寿樹選手二塁打を打ったが、後続が続かずゲームセット

4対2 敗れる

ターニングポイント

  • 初回のビシエド選手の打席
  • 6回の先頭佐野恵太選手

1アウトの2塁1塁ビシエド選手にチャンスが回ってきたが、併殺打で抑え

込まれたが、せめて次のバッターに繋げるバッティングをしてくれれば、

もうちょっと接戦になったと思います。

守る方では、恐いベイスターズクリーンナップを迎える佐野恵太選手にもう少し

慎重に勝負をしてほしかった。

8月6日 横浜DeNAベイスターズ第15戦を振り返る

中日ドラゴンズ連勝中小笠原慎之介選手が先発、横浜DeNAベイスターズの先発は

今季勝ち星が無い坂本裕哉選手が先発した。

小笠原慎之介選手の立ち上がりは、先頭の桑原将志選手ヒットを打たれたが、佐野

恵太選手併殺打に抑えて得点を許さなかった。

坂本裕哉選手の立ち上がりは、阿部寿樹選手ヒットを許したが、ビシエド選手

内野ゴロに抑え込まれた。

2回には、横浜DeNAベイスターズ先頭の牧秀悟選手二塁打を許したが、後続を

しっかりと小笠原慎之介選手がしっかりと抑えた。2回以降小笠原慎之介選手

安定したピッチングをして、横浜DeNAベイスターズ主導権を渡さなかった。

4回には中日ドラゴンズ先制する絶好のチャンスが到来した。

  • 阿部寿樹選手三振
  • ビシエド選手内野ゴロ(・・・2アウトか)
  • 木下拓哉選手ヒット
  • レビーラ選手二塁打
  • 三ツ俣大樹選手四死球 2アウト満塁
  • 土田龍空選手内野ゴロ

先制点が取れず二番手京山将弥選手2イニングを抑えて、

中日ドラゴンズ得点するチャンスが掴めないでいた。

しかし、8回3番手入江大生選手から、チャンスをつくった。

  • 阿部寿樹選手ヒット
  • ビシエド選手併殺打(痛い、痛すぎる~)
  • 木下拓哉選手ヒット
  • 滝野要選手ヒット
  • 代打平田良介選手フライアウト

8回まで、球数88球で小笠原慎之介選手が降板した。

9回は抑えのライデル・マルティネス選手が登板した。

  • 関根大気選手死球
  • 桑原将志選手送りバント
  • オースティン選手三振
  • 佐野恵太選手内安打
  • 牧秀悟選手先制のタイムリーヒット
  • 宮崎敏郎選手四死球
  • 大和選手内野ゴロ

勝利の方程式が上手くいかずライデル・マルティネス選手が失点を

許して、山崎康晃選手3者凡退に抑えられてゲームセット

1対0 惜敗

ターニングポイント

  • 4回のツーアウト満塁 土田龍空選手
  • 8回のノーアウト1塁ビシエド選手

得点出来そうだった4回8回の攻撃で得点まで、いけなかったことが、

敗戦に繋がった。

8月7日 横浜DeNAベイスターズ第16戦を振り返る

中日ドラゴンズ最近安定している高橋宏斗選手先発、対する横浜DeNAベイスターズは、

ロメロ選手が先発しました。

高橋宏斗選手の立ち上がりは、桑原将志選手二塁打を打たれたが、後続を何とか内野ゴロ

に抑え込んだ。

ロメロ選手の立ち上がりは、エラーと四死球で大ピンチを向かえたが、中日ドラゴンズ

チャンスを生かしきれなかった

2回、3回は、両投手3者凡退に抑えて、投手戦になりかけていた。

4回は両チームが、チャンスを掴んだ。横浜DeNAベイスターズは、先頭の桑原将志選手

ヒットで出塁したが、盗塁失敗してピンチを防いだと思ったら、牧秀悟選手四死球

宮崎敏郎選手ヒットでチャンスを拡げ、楠本泰史選手ヒットで続いた時、先制されたと

諦めていたら、ライト岡林勇希選手レーザービームで、牧秀悟選手本塁でタッチアウト

にして、なんとかピンチを防いだ。

中日ドラゴンズの4回の攻撃は、

  • 阿部寿樹選手ヒット
  • ビシエド選手ヒット
  • 木下拓哉選手が送りバントで、3塁、2塁
  • レビーラ選手先制タイムリーヒット
  • 石垣雅海選手スクイズ失敗
  • 土田龍空選手内野ゴロ

大ピンチを抑えて、連打でチャンスメイクし、レビーラ選手タイムリー
鮮やか過ぎますね!

それから、やはり投手戦らしくスムーズに試合が進んだ。

7回横浜DeNAベイスターズにまたチャンスがきた。

  • 宮崎敏郎選手内野ゴロ
  • 楠本泰史選手四死球
  • 伊藤光選手ヒット
  • 代打オースティン選手四死球
  • 高橋宏斗選手降板、二番手清水達也選手登板
  • 代打大和選手犠牲フライを打ったが、またも岡林勇希選手のレーザービームで本塁タッチアウト

岡林勇希選手がまたも・・・神っている・・・

ピンチを防いだ中日ドラゴンズが、7回裏にチャンスを作り、平田良介選手の内野ゴロの間

追加点を奪った。

8回には、木下拓哉選手、加藤翔平選手連続四死球の後、石垣雅海選手今シーズン1号

なる第1号の3ランホームランを放ち、9回は祖父江大輔選手3者凡退に抑えて、

ゲームセット

5対0 快勝

ターニングポイント

  • 4回の岡林勇希選手のレーザービーム
  • 7回の岡林勇希選手のレーザービーム

あまり得意にしていないロメロ選手の攻略が難しかったが、岡林勇希選手

レーザービームで、チームに活気が湧いて先制点に繋がり7回に至っては、

高橋宏斗選手の勝ち星にも繋がるレーザービームを放ち、尚追加点にも

繋げられた。黄金時代中日ドラゴンズで、英智選手アレックス選手

レーザービームを放って、試合の主導権を掴んだことを思い出す岡林勇希

選手のプレーでした。

まとめ

  • 二戦目の小笠原慎之介選手の降板
  • 苦手な選手との対戦について

このカードでは、大きく負け越しはしているが、ホームバンテリンドームで何とかして

勝ち越しをしたかったカードだった。

特に悔やまれるのは、主導権を完全に握っていた2戦目小笠原慎之介選手降板する

タイミングが試合を変えてしまった思いました。

球数も少なく、後2イニングくらいは投げられた球数だったと思います。

それと一戦目の大野雄大選手が苦手にしていると思う神里和毅選手との対戦の仕方

について、もう少し意識せずに向かい合ったほうが抑えられるし、その後の打者に

引きずっている印象があります。

大野雄大選手は、各チームの苦手にしている打者にどれだけ冷静に向かい合えるかが、

勝負のポイントになると考えました。

次カードは讀賣ジャイアンツ戦になります。

良い試合が出来るように祈っています。

コメントを残す