9月9日大野雄大!9月10日小笠原慎之介!ビジター2連勝 圧巻のドラゴンズ投手陣

こんにちは! ウィーン君です。
秋季キャンプナゴヤ球場組沖縄北谷組と分れてキャンプを
しています。
2022年シーズンオフに入り、寂しいニュースばかりしか入って
こなかったが、ここにて2023年こそは、やれそうだと思える
ニュースが入ってきました。

まずはFA宣言の権利を得た高橋周平選手松葉貴大選手FA宣言せず
残留宣言を聞き安心しました。

今シーズン一軍活躍出来なかった京田陽太選手バッティング立浪和義
監督納得するスイングで、少し良くなってきている傾向にある。

福谷浩司選手ストレートにこだわって投球練習している2年連続不甲斐ない
投球内容だっただけにしっかりとしたストレートを来シーズンは見れそうだ

まだ分からないが石川昴弥選手が、手術後の回復早く来シーズンの早め
復活出来るかもしれないと思わせる回復の早さなので、じっくり期待して
待ちたいと思います。

難病手術明け福敬登選手トレーニングに入ったみたいだし、梅津晃大
選手順調に回復してそうなので、パワーアップした彼らに期待しか想像
出来ません。etc

そんな嬉しいニュースネットなどで見ました。

・・・それでは、ミニコーナー大リーグ片岡ドラゴンズ讀賣ジャイアンツ戦
を進めます。

今日の大谷翔平

9月9日は、試合ありませんでした

9月10日大谷翔平選手の成績は、4打数1安打1三振でした。

ヒット一本出ただけだったが、前回ホームランを打っていたので、

調子が悪いのに一本出たので、良かったと思いました。そうすると

急激には打率が下がりずらいことにも繋がって、結果高打率に成れる

要因だと思います。

今日の鈴木誠也

9月9日の鈴木誠也選手の成績は、4打数2安打1本塁打1打点1三振の大活躍でした。

本塁打は、第12号でした。

9月10日鈴木誠也選手の成績は、4打数1安打3三振でした。ちょっと3三振は、

見送り三振2つ空振り三振1つどちらがいいかは、選手の気の持ちようだと

思いますが、無理矢理バットを振って、感覚を見失うよりはまだましだと

思います。

今日の片岡ドラゴンズ

9月9日 福岡ソフトバンクホークス戦

橋本侑樹選手が先発したが、四死球失点多く合格点には程遠い

成績でした。

しかし、福元悠真選手レビーラ選手3安打を放ったのが、

収穫だったと思います。

中日ドラゴンズ 4対6 福岡ソフトバンクホークス

9月10日 福岡ソフトバンクホークス戦

福島章太選手大乱調で、二番手タバーレス選手も打たれ、初回

10失点ゲームメイク出来なかった。しかし郡司裕也選手4安打

放ち、京田陽太選手3四死球を選んだことだけが収穫でした。

中日ドラゴンズ 7対10 福岡ソフトバンクホークス

9月9日 讀賣ジャイアンツ第21戦を振り返る

中日ドラゴンズ絶対エース大野雄大選手先発讀賣ジャイアンツ戸郷翔征選手

との投げ合いになりました。

これまで、戸郷翔征選手には3戦3勝と完全にカモにされています。しかし、大野雄大選手

もこれまで3試合讀賣ジャイアンツ戦に投げ1勝1敗開幕戦の負け以外負け投手には、

なっていないので、どちらも攻略したい投手であるのは間違いないと思います。

まず、戸郷翔征選手立ち上がりは、岡林勇希選手大島洋平選手を打ち取ったが、

阿部寿樹選手内安打を放ったが、ビシエド選手は打ち取られた。しかし球数25球

投げさせたので、得点は出来なかったが球数100ごろには得点できるかもと

思うくらいいい攻撃でした。

一方大野雄大選手の立ち上がりは、余り良くない立ち上がりでした。

先頭の吉川尚輝選手いきなりヒットを放ち、3番丸佳浩選手四死球を与えたが、

4番中田翔選手併殺打を打たせたことで、無失点で抑えた。球数19球平均的

球数だった。

2回戸郷翔征選手四死球与えた得点出来ずに終わった。しかし、何か良い予感

はしていた。投手戦の場合、調子が良い投手の方が、先に失点するイメージがあった

為、そう感じ始めていた。

大野雄大選手は、2回ランナーを貯めたが、併殺打火傷するような投球ではなかった。

戸郷翔征選手は、4回、5回ヒットを浴びて、5回を終えて球数85球6回には、球数100球

になるから、チャンスが来るだろうと当時は思っていた。

大野雄大選手は、この試合3回までは、3者凡退抑えることが出来なかったが、4回、5回

投球内容が、良い時大野雄大投手のようになったので、攻撃にも良い流れがきたと

思います。

そんな6回の中日ドラゴンズの攻撃は、やはりチャンス到来しました。

  • 大島洋平選手二塁打
  • 阿部寿樹選手四死球
  • ビシエド選手フライアウト
  • 木下拓哉選手フライアウト タッチアップで3塁1塁
  • アリエル・マルティネス選手先制タイムリーヒット
  • 高橋周平選手内野ゴロ

先制点を貰った大野雄大選手は、6回、7回も3者凡退で抑えて

勝利の方程式、8回は、ジャリエル・ロドリゲス選手2安打を打れたが、

失点せず9回ライデル・マルティネス選手繋いだ。しかしこの日は、

思いもしないことが起こった。先頭の丸佳浩選手同点ソロホームラン

浴びてしまい、大野雄大選手勝ち星と、戸郷翔征選手の黒星も消えて

しまいました。しかし、ライデル・マルティネス選手は、後続を何とか

抑えて延長戦に突入した。

10回は、4番手抑えの大勢選手が登板したが、これがとでました。

  • 岡林勇希選手四死球
  • 三好大輪選手の時、岡林勇希選手盗塁
  • 三好大輪選手がバントしたがエラーで3塁1塁
  • 阿部寿樹選手勝ち越しスクイズ成功
  • ビシエド選手の時、後逸ランナー3塁
  • ビシエド選手追加点になるタイムリーヒットで大勢選手ノックアウト
  • 畠世周選手登板
  • 木下拓哉選手バント
  • 加藤翔平選手フライアウト

10回には、清水達也選手が上がり、今シーズン初めての抑えをこなし、

3者凡退に抑え込んで、ゲームセット

3対1 勝利 victory⤴

上手な野球をして勝利した

  • 苦手戸郷翔征選手を攻略
  • 抑え大勢選手をノックアウト

これまで戸郷翔征選手上手く抑え込まれていたが、この試合は大野雄大選手

打たれながらも上手な投球をして失点せず耐えたことが、結果先制点に繋がった

と思いますし、攻撃陣もただ打てないだけではなくしっかりと球数を投げさせた

ことも大きな要因になったと思います。丸佳浩選手にはホームラン浴びてしまった

が、ライデル・マルティネス選手火傷するほど打たれていないことも、最小限

防いでいたので、次の大勢選手の投球が崩れ、相手チームが浮足たった中、しっかり

スクイズ4番ビシエド選手トドメの一打もチームには、良い事だったと思えるし、

清水達也選手初セーブポイント掴めたこと今後の中日ドラゴンズには、大きな

戦力になったと思います。(更にと言う意味です)

9月10日 讀賣ジャイアンツ第22戦を振り返る

中日ドラゴンズは、今シーズン初の二桁勝利をしたこの時7勝だった小笠原慎之介選手

讀賣ジャイアンツ先発メルセデス選手でした。

昨年までのメルセデス選手との対戦苦手だった中日ドラゴンズだったが今シーズン

対戦成績1戦だけで1勝勝っているので、昨年までの感じではないと思っていました。

そんなメルセデス選手立ち上がりは、岡林勇希選手好走塁二塁打チャンスメイク

したが、大島洋平選手の時、ランナータッチアウトになり、結果3人で攻撃が終り、

後味が悪い立ち上がりだった。

そんな試合展開の中だったが、小笠原慎之介選手立ち上がり、そんな空気

払拭する程の投球3者凡退に抑え込んだ。

2回~4回まで両投手がしっかりした投球を続けていた

5回には、この回先頭アリエル・マルティネス選手先制ソロホームランを放って

試合が動き始めた

5回小笠原慎之介選手は、岡本和真選手ヒットを打たれたが、ポランコ選手

三振で倒れ、その時ヒットエンドランのサインが出ていたこともあり、岡本和真

選手盗塁タッチアウトになった。

6回には阿部寿樹選手内安打の後、ビシエド選手二塁打を放ち3塁2塁チャンス

になって、二番手畠世周選手登板したが、木下拓哉選手追加点となる犠牲フライ

を打たれた。

一方、先制してもらい追加点をもらった6回も3者凡退にしっかしりと抑えた。

その時、3人目が、吉川尚輝選手で、一度3ボールノーストライクになったが、

ストライクを投げた時、吉川尚輝選手が、ミットに入る前よけた行為が、

余り良く思わなかった小笠原慎之介選手結局三振吉川尚輝選手を抑えてベンチに

戻る時、吉川尚輝選手何かを言ったことがSNSが大盛り上がりした。

7回には、中日ドラゴンズ打線が一気に試合を決めにきた。

  • 岡林勇希選手三塁打
  • 大島洋平選手四死球
  • 阿部寿樹選手フライアウト
  • ビシエド選手タイムリーヒット
  • 木下拓哉選手犠牲フライで追加点
  • アリエル・マルティネス選手タイムリー二塁打
  • しかし、ランナー3塁にいき、タッチアウト

8回にも小笠原慎之介選手登板したが、岡本和真選手にヒットを打たれ、

ワンアウト後、坂本勇人選手二塁打を打たれ、3塁2塁のピンチになり、

大城卓三選手2点タイムリーヒットを打たれ、降板二番手ジャリエル・

ロドリゲス選手が後続を抑え、9回にはライデル・マルティネス選手

ランナー二人貯めたが、後続を抑え、ゲームセット

5対2 勝利 victory⤴

勝利に繋がったプレーは?

  • 小笠原慎之介選手が連打を許さない投球が出来た
  • 先に点が取れ、直ぐに追加点、ダメ押しをとれたこと

小笠原慎之介選手何回3者凡退に抑え、主導権を掴んでいたこと

が、勝利近づいた試合運びになった。

先にアリエル・マルティネス選手ホームランが出て、犠牲フライで追加点

一挙に3点を取り、ダメ押しになった。

ビジターの讀賣ジャイアンツ戦 勝因は?

  • 先発大野雄大選手、小笠原慎之介選手が良かった
  • 先制点、ダメ押しが取れて上手く攻撃陣が機能した

大野雄大選手、小笠原慎之介選手両投手が、味方が先制するまで

失点をしなかったことが、上手く攻撃陣連鎖して機能したと

思いました。

投手陣機能したら、攻撃陣も上手く連動した結果が、先制点を

取り追加点を取れたことで、勝利に近づいたと思いました。


Tags:


Comments

コメントを残す

PAGE TOP