2023年 中日ドラゴンズ 新外国人助っ人獲得 熾烈なベンチ入り外国人枠!競争開始!!

中日ドラゴンズの応援サイト

2023年 中日ドラゴンズ 新外国人助っ人獲得 熾烈なベンチ入り外国人枠!競争開始!!

2022年12月11日 2023年開幕準備 中日ドラゴンズ 0

こんばんは!!
ウィーン君です。
今回は、来シーズンから中日ドラゴンズ入団した。
新外国人助っ人獲得について、色々考えることが多い
ので、それぞれ考察していきたいと思いましたので、
投稿しました。

東京中日スポーツの記事を引用

https://www.chunichi.co.jp/article/579611

この記事を見て、今まで懸念していた立浪監督思考
確信になりました。あくまでもわたくしの考えからだした
結論であって、本当のことは実際本人の考えを述べた時に
分かることだと思います。

今シーズンちょくちょく選手がミスをした時の、立浪監督
表情余り良い印象を受けませんでした。

こんな表情をするリーダーは、わたくしのリーダーだったら
と想像した時に、そう感じると思っていました。

外国人助っ人を見つける球団専門の人を全面的に信頼せず、
自分が現地で見ないと、信用出来ないタイプだと言うことが
分かったからです。

ただそれが悪いとは言い切れません。
しかし、中日球団としての組織ではないと思ってしまいました。
悪口に聞こえたらすみません
ただ良い意味で、出来るリーダーは、よくテレビで見ると、会議
社長が直々に決断を下し、現地に赴き問題を解決すると言うのは
よく耳に致します。
剛腕社長のタイプだと言えます。

講談社BOOK倶楽部 HPより引用

https://bookclub.kodansha.co.jp/product?item=0000206476

オンタイムでは読んでいませんでしたが、最近古本屋参謀
購入して、落合博満さんが監督に就任していた時、参謀役として
投手コーチヘッドコーチをやっていた森繫和さん著書である。
落合博満さんは、各コーチに任せて、責任は自分が取るという
体制を確立して、輝かしい成績残した経緯をファンとして、
体感はしていましたが、当人のコメントなどを拝見して
共感した部分があった。
しかし、立浪監督はそれとは真逆の体勢を取っているように
思えたところがあります。
ただ、結果は出ていないので、どちらが正義かは、未来の
話になってしまいます。良い結果を待ちましょう

長々とはなしましたが、新外人助っ人獲得した記事から
始めます。

追伸わたくしも生粋の中日ドラゴンズファンではあるので、
ミスタードラゴンズ立浪和義監督本(負けん気)は、オンタイム
新品を書店で購入しました。

読書メーター HPより引用

https://bookmeter.com/authors/59509

負けん気しか知りませんでしたが、凄いラインナップですね。
立浪和義監督の野球センスは素晴らしいと思っていたので、
次回は、ブックオフでゲットして読みたいと思います。
さあ本題です。

ソイロ_アルモンテ選手3年ぶり中日ドラゴンズ復帰

一番良い助っ人外国人アルモンテ選手2018年から3年間中日ドラゴンズ

在籍してドラゴンズファン心を鷲掴みにした選手

日刊スポーツより引用

https://www.nikkansports.com/baseball/news/202211220000774.html

ソイロ_アルモンテ選手のNPB通算成績

NPB HPより引用

https://npb.jp/bis/players/43345136.html

2018年から3年で、打率.316と高打率ネックになるのは、怪我を

し易いところだろう。出来たら初年度2018年くらいの活躍して

もらえばビシエド選手と二人大暴れセ・リーグ台風の目

なるとは思いますが、その反面そこにばっかり頼り切りも芸

無いように感じます。

オルランド・カリステ選手獲得

オルランド・カリステ選手は、キャッチャー、ファーストピッチャー以外内外野

どちらでも使えるユーティリティプレーヤー

メジャーリーガーで、2015年サンフランシスコジャイアンツ2017年

カンザスシティロイヤルズメジャーに上がっただけで、ほぼ3Aでの

キャリアメインだった。2022年メキシカンリーグ活躍して、

打率.344 本塁打13本 打点54打点、盗塁12だった。

選手査定ノート HPより引用

http://playersnote.blog.fc2.com/?m&no=8355

オルランド・カリステ選手と印象

実際守備能力を発揮するタイプだとは思いますが、

ヒット打っている映像厳選した映像を見ましたが、

思っているより、全然パンチ力があると思います。

開幕スタメンで絶対使いたい選手

アリスティデス・アキーノ選手獲得

来シーズンに向けて、本気の外国人助っ人獲得しました。

獲得前から、一番欲しい噂に上がっていたアリスティデス・

アキーノ選手を獲得しました。結構ご無沙汰していた高額

年棒の選手です。明らかに実績があり、期待の持てる選手

だと思います。

竜速 HPより引用

http://blog.livedoor.jp/bbyakyu/ryusoku/dragons/59963316.html

守備力SSランクアキーノ選手

バリバリメジャーリーガーだが、打つ方では大振り一発

狙いすぎる為、当たっても飛ばないコース言わばボール

球を振っているようなものだろう。

でも、言い方を変えれば、どの球も当たったら大きいのが

打てる自信があると捉えることにします。

しかも、アキーノ選手の守備力と言ったら、これこそバリバリ

メジャーリーガーと頷ける。

相手チームには、脅威になるはずと、思います。

犠牲フライ打つにしても、力み過ぎてボールを捕らえるのが、

若干遅れる。しかも、自チームの投手には頼もしい反面自分の

投球余裕が出来る。そうすると、先発投手が長い回を投げることが、

出来る。

アキーノ選手が、決して打たないことがあったとしても、この守備力は、

圧倒的で、12球団トップ投手力を誇る中日ドラゴンズに、鋼の鎧

着けたことと同類の価値がある獲得になったと思います。

まとめ

ここでの新外国人助っ人獲得したメリットを上げたいと思います。

アルモンテ選手のメリット

  • チャンスで大振りしない
  • ビシエド選手に与える影響力が大きい
  • ドラゴンズファンに愛されている

カリステ選手のメリット

  • 内野陣の攻撃力アップ
  • 長打力を発揮する
  • 内野の守備力アップ

アキーノ選手のメリット

  • 守備力アップ
  • レーザービームの魅力
  • 存在感

とにかく助っ人外国人急上昇した為、更なる
問題発覚

獲得した外国人助っ人全員ビシエド選手、ジャリエル・
ロドリゲス選手、ライデル・マルティネス選手、レビーラ
選手、ガルシア選手、アルバレス選手、計9人外国人助っ人
在籍していることになっています。

ベンチ入り出来るのは、投手2人、野手2人か、投手3人、1野手か、
1投手、3野手かとなります。

そこで問題は、どの外国人助っ人を頼りにして、どのような
ベンチ体制にするのかという問題になります。
この問題は、改めて別の投稿で、分析したいと思います

コメントを残す