5月12日,13日,14日 神宮球場 悪天候の3連戦

こんばんは!!

中日ドラゴンズファン歴36年になったウィーン君です。
宜しくお願いします。

前カードカープ戦で、まさか!まさか!バンテリンドーム
岐阜長良川球場での3連敗

痛い3連敗になりました。しかも1戦目、2戦目完封負けで、
1戦目接戦2戦目苦手九里亜連選手完封負け、かなり
ストレスを感じつつ、3戦目リードを守れない、延長戦
勝ち越しをされて、負けるストレスが溜まって、怒りすら
感じる不安定な感情になりながらの、ヤクルト戦

さあどうなりますか!!

では、ヤクルト戦を始めます。

5月12日 東京ヤクルトスワローズ第6戦

  • 中日ドラゴンズ 小笠原慎之介
  • 東京ヤクルトスワローズ 高梨裕稔

スターティングメンバー

中日ドラゴンズ東京ヤクルトスワローズ
1番大島洋平濱田太貴
2番岡林勇希並木秀尊
3番細川成也山田哲人
4番石川昴弥村上宗隆
5番アルモンテサンタナ
6番福永裕基オスナ
7番木下拓哉長岡秀樹
8番村松開人古賀優大

前半戦1回から5回まで

1回2回3回4回5回
安打32000
ドラゴンズ000
ヤクルト000
安打10211

中日ドラゴンズもまだまだ今シーズン絶好調思える状態にはなっていませんが、

相手チーム東京ヤクルトスワローズ主力山田哲人選手村上宗隆選手WBC

熱戦後絶好調にはまだなっていないこと、塩見泰隆選手やっとチームに合流

出来たばかりなこともあり、2つの負け越しでの3連戦になりました。

5月12日から全国的に雨が降っていたこともあり、きっかけがないので、
雨で中止になって、少しでもチームがきっかけを掴んでからの方が、
戦いやすいと思い、”中止になってくれ”と祈っていましたが、
結果、中止にはなりませんでした・・・・。

そんな逃げ腰だったわたくしとは、別にドラゴンズ初回から高梨裕稔選手

猛攻を見せました。

大島洋平選手2塁打の後、安打製造機岡林勇希選手プロ入り第1号になる

2ランホームランが飛び出し、その後も相手チームミス安打チャンス

を作ったが併殺打で、追加点奪えず初回終了したが、2回にも大島洋平選手

タイムリーヒット古賀優大選手2塁悪送球で、一気大島洋平選手

生還した。

一方、小笠原慎之介選手初回こそ球数7球で、ナイスピッチングの立ち上がり

だったが、2回は、先頭村上宗隆選手に苦しみながら四死球を与え、点こそ奪われ

なかったが、初回アドバンテージがなくなる程、球数増えた

3回小笠原慎之介選手は、守備を引っ張るが、岡林勇希選手好返球に助け

られ1点こそ許したが、後続を抑え込んだ。

戦況ドラゴンズ有利な状況でした。そんな前半戦だった。

後半戦6回から9回まで

6回7回8回9回
安打203010
ドラゴンズ007
ヤクルト00001
安打11006

前半戦リードしたが3回以降ヒットが出ないドラゴンズだったが、4番石川昴弥選手

2塁打を放ち、頼れるキャッチャー木下拓哉選手タイムリーヒットが、6回に出て

待望の追加点を奪えた。

1点を失った小笠原慎之介選手は、7回投げ切り継投に入った。

8回にはドラゴンズが、満塁から代打守備固め加藤翔平選手タイムリー

内安打大島洋平選手犠牲フライ2点を奪った。

8回は、藤島健人選手が抑え、9回谷元圭介選手が抑えゲームセット

7対1 圧勝 victory

  • 小笠原慎之介 3勝1敗
  • 高梨裕稔 2敗

5月13日 東京ヤクルトスワローズ 第7戦

  • 中日ドラゴンズ 仲地亜礼
  • 東京ヤクルトスワローズ ピーターズ

スターティングメンバー

中日ドラゴンズ東京ヤクルトスワローズ
1番大島洋平山崎晃大朗
2番岡林勇希青木宣親
3番細川成也サンタナ
4番石川昴弥村上宗隆
5番福永裕基オスナ
6番木下拓哉武岡龍世
7番鵜飼航丞内山壮真
8番村松開人長岡秀樹

前半戦1回から5回まで

1回2回3回4回5回
安打22110
ドラゴンズ00000
ヤクルト20000
安打01

中日ドラゴンズ先発は、2022年ドラフト1位仲地亜礼選手プロ入り

初登板注目の試合になった。

ドラゴンズは、初回からピーターズ選手捕えよう2アウトから細川成也選手

石川昴弥選手連打チャンスメイクしたが、得点が奪えなかった。

仲地亜礼選手注目の立ち上がりは、山崎晃太朗選手ヒットを浴びたが、青木宣親

選手サンタナ選手を抑えたが、今シーズン不調だが、最近ホームラン

出始めた村上宗隆選手先制の2ランホームランを浴びた。

しかも、1回仲地亜礼選手左脇腹つったこと理由降板し、

一気に試合が難しくなった。

しかも、攻撃陣ヒットこそは放ったが、得点奪えない重苦しい

試合運び前半だった。

後半戦6回から9回まで

6回7回8回9回
安打01119
ドラゴンズ0010
ヤクルト002×
安打11106

仲地亜礼選手1回マウンド降りる苦しい試合展開だったが、橋本侑樹選手勝野昌慶

選手2イニングずつ抑えて、6回から清水達也選手7回藤島健人選手ナイスピッ

チングで、攻撃陣反撃を待って耐えていた。

8回には、2アウトからだったが、細川成也選手移籍後初ホームランを放ち、反撃の狼煙

放った。

しかし、復調気味村上宗隆選手にまたしても2ランホームラン福敬登選手が打たれて

反撃出来ずゲームセット

4対1 敗戦 

  • ピーターズ 1勝
  • 仲地亜礼 1敗

5月14日 東京ヤクルトスワローズ第8戦

  • 中日ドラゴンズ 高橋宏斗
  • 東京ヤクルトスワローズ 小川泰弘

スターティングメンバー

中日ドラゴンズ東京ヤクルトスワローズ
1番大島洋平塩見康隆
2番岡林勇希濱田太貴
3番細川成也山田哲人
4番石川昴弥村上宗隆
5番アルモンテサンタナ
6番福永裕基オスナ
7番木下拓哉内山壮真
8番村松開人長岡秀樹

前半戦1回から5回まで

1回2回3回4回5回
安打01000
ドラゴンズ00000
ヤクルト00002
安打00112

前半戦高橋宏斗選手調子は、なかなか良かった。しかし、追うごと

球数多くなり、コントロール悪くなった。

一方、小川泰弘選手今シーズン最高出来で、前半戦アルモンテ選手

放った1本しか安打を打てなかった。

高橋宏斗選手は、少し雨影響もあったりして、自慢の制球力集中力

欠けていたように思えるし、昨年より実績上澄みしているはずが、昨年

よりナイスピッチング1試合通して出来なくなっているように感じる。

後半戦6回から9回まで

6回7回8回9回
安打10406
ドラゴンズ10405
ヤクルト321×8
安打2129

全く小川泰弘選手攻略出来ていなかったドラゴンズ打線だったが、2点先制点

奪われて、試合一気動き始めた。先頭木下拓哉選手2塁打を放ち、代打

加藤翔平選手内野ゴロ1点を返し、1点差になりまだまだ試合が分からない

と思って、6回裏期待値を高めにしていたが、今日大きく裏切られた感じ

田島慎二選手が、今シーズン良い球を投げていたが、最近ちょっとイマイチ

だったと感じていたが、やはり打たれ3点を奪われ、7回にはオスナ選手

2ランホームラン谷元圭介選手が奪われ、7対1一方的試合になっていた。

しかし、この試合ハイライト8回の表にあった。

先頭バッターアルモンテ選手ヒット出塁して、代走山浅龍之介選手が出場

した。最近調子を落としていた福永祐基選手にもヒットが飛び出し、更に

チャンス強い木下拓哉選手だったが、勝負してもらえないカタチ四死球

選び、ノーアウト満塁

同点から逆転まで持ってい下ったら、繋いで繋いで1点、1点と
積み重ねていくのが理想だったし、ホームランを期待するような
チームカラーではないのでそんなカタチを想像していた。

に戻しますが、ノーアウト満塁バッタールーキー村松開人選手

初球を振りぬいた時、打球高々と上がり、オーバーフェンス!!

満塁ホームラン!!グランドスラム!!一気に2点差!!

こ、これは、奇跡が起こるのか!!と期待が膨れ上がった。
….

ワンアウト後大島洋平選手ヒットを放ち、続くのかと思ったが、

反撃もここまで

その1点を追加点を奪われ、ゲームセット

8対5 完敗

  • 小川泰弘 2勝4敗
  • 高橋宏斗 1勝4敗

結果として東京ヤクルトスワローズビジター戦1勝2敗

貯金をしているチーム状態だったら、ビジター1勝2敗だったら
良くない悪くもない思える勝敗だが、現在借金9つ二ケタ
借金目前!!の大ピンチ最悪2勝1敗勝ち越し借金1つでも
少なくしたかった。

しかし、負け越しはしたが、怪我の功名悪いことばかりではなかった
と思いたい。

1つは、若きエース小笠原慎之介選手成長ホームラン3戦3発
しかも岡林勇希選手村松開人選手プロ入り初ホームラン
細川成也選手は、移籍後初ホームラン初物ずくめでした。
細川成也選手は、初ホームラン少し遅いくらいだったが、岡林勇希選手
村松開人選手は、想定外の成績だったので、チーム新たな風
吹きそうな感じがします。勝手に!

それでは、今回はこの辺で!

できたらサイトのフォロー、いいねを押してもらえると
励みにもなるので、お願いします。


Tags:


Comments

コメントを残す

PAGE TOP