中日ドラゴンズ大改造2024!!大物中田翔獲得!!その他補強選手

大物中田翔 中日ドラゴンズ加入

読売ジャイアンツ阿部慎之助新監督になり、来年度の1塁を岡本和真選手3塁を坂本勇人選手遊撃手を門脇誠選手を起用する方針を出した。

この方針により、控え選手ということが分かった中田翔選手は、「このままでは、代打要因なる」と考えた中田翔選手は、行動に移った。

FA宣言するか期限ぎりぎりまで、結論が出せなかった中田翔選手が、ウルトラCを行使したことは、びっくりした出来事だったが、流石中田翔選手頷ける内容だった。


そもそも中田翔選手は、3年複数契約の2年目の更新で、オプトアウトの権利を使い、ジャイアンツから自由契約となり、スタメン起用してくれる球団を探して、FAではなく自由契約として獲得を考えている球団からは、願ってもない大チャンスが到来した。

がしかし、今だ獲得を明言している球団は、ドラゴンズしか上がっていない。

これまた大チャンス中田翔選手は、少し拍子抜けしたかもしれませんが、考える術がなくドラゴンズ

一択であれば、悩まずに済むと割り切ってドラゴンズの門を叩いてくれた。


 

どうする2024年!ビシエド?

中田翔選手入団会見を拝見したが、選手は日本一目指さない面白くないとはきっきりした口調で言ってもらったのが、ドラゴンズファンが口に出来ないことをハッキリと一流選手がめざして貰えたことが ファンも冗談ではなく 本気来シーズンは挑めると感じました。


中田翔選手を獲得したので、そこで問題に上がるのが、ダヤン・ビシエド起用法選手の起用法が問題に上がってくる。そもそもチームイチ高額年俸そのビシエド選手代打の為だけに抱え込むのは、どうかと思います。そもそもスタメンでの結果を出す選手なのが第一点ビシエド選手代打に入ったら、他の代打要因の選手にチャンスが回らないし、本人も腐ってしまい結果にはタブン繋がらない

と思います。なので寂しくて悲しい選択になりますが、ビシエド選手の残りのキャリアを考えると別の球団で、スタメン出場出来る球団を探して、まだまだ健在だってことを証明してほしいと思います。

中田翔選手の成績

https://npb.jp/bis/players/61065116.html


山川穂高選手比べるとHR数が少ないように思えますが、対戦して感じていたHRを狙っている時プレッシャーと、失投、狙い球が来た時の捕える長打力はいまだに迫力があると思っています。

それと絶好調の状態に思えた中田翔選手ジャイアンツは、スタメンから外すケースが多いと感じていました。他球団ファン目線でも感じるくらい違和感のある起用方法は、中田翔選手にとってもストレスがあったのだと思います。

とにかく、ドラゴンズに入団して鬱憤溜まった野球人生もう一度大輪の花を咲かすような活躍を期待しています。

その意気込み、チームを引っ張っていく主役よっ待っていました

ビシエド選手を惜しんで一言

まだ退団とか言う現実的な話には全くなっていませんが、何処かお金を持っている球団が一対一のトレードは、高額なので現実的ではありませんが、ビシエド選手に二、三人付けて3対1のダイダンなトレードだったらあると思います。

これはドラゴンズファンとしては、心臓を捧げる程の想いでビシエド選手の残りの野球人生を全うしてほしいと願う想いから考えました。基本いえば欲しい一塁を守ってほしいと想いますが、中田翔選手を獲得した今では控えにビシエド選手を使うは、その体制を取るのであれば日本一にはなれないと思います。


他球団戦力外選手を大量獲得

2023年どの球団この選手クビにするの思うほどいい選手達が、戦力外を受けた年だったと思います。

【一覧】プロ野球12球団 戦力外 退団 移籍 引退選手など – プロ野球ライブ速報 : 日刊スポーツ (nikkansports.com)

引用元:日刊スポーツ

ロッテの石川歩選手とかソフトバンクホークス森唯斗選手達が、戦力外になったのが、とても驚いたニュースでした。

特に大胆な戦力外を行ったソフトバンクが一番びっくりする動きをした球団でした。

巨人を戦力外になった元侍ジャパン中島宏之選手

一番強った時ドラゴンズが、埼玉西武ライオンズと対戦して、その時若かった中島宏之選手何度痛い思いをさせられたとても相手チームからは嫌に感じる選手でした。

入団会見でも 代打の切り札として使うのは一番ですが、41歳になる中島宏之選手にも引退出来ない理由があって、現役にこだわった経緯があります。

それは、一流選手になる証2000安打打つという目標一つだと思います。

確か個人的な記録ではありますが、後72本代打一筋では難しいのも現実的にあります。

可能性的には、神がかった代打成績を残し交流戦では、DHでスタメンを勝ち取り、交流戦のMVPを取るくらいの活躍を1年目に出来れば、3年目くらい達成出来ると思います。

年齢的には難しいと思いますが、是が非でもドラゴンズ達成して欲しいと思います。

最大の収穫 上林誠知選手

中田翔選手の次に期待したい選手が上林誠知選手です。

侍ジャパンとして活躍していたことで実績十分な外野手

近年は怪我とバッティングホーム改造で打撃不振になり、2023年福岡ソフトバンクホークスから戦力外通告を受けて、早速ドラゴンズが声をかけて獲得出来た素晴らしい選手です。


しかも、走攻守三拍子揃った選手なので、センター岡林勇希選手、ライト細川成也選手、レフト上林誠知選手言う超強力的な外野のスタメンメンバーになると思います。

本人心機一転の気持ちで、見返してやりたい気持ちが沸き上がっていると思うのでしっかりととにかく怪我をしないように頑張って欲しいと思います。

ベテラン遊撃手山本泰寛選手

日本一になった阪神タイガースから戦力外通告を受けた山本泰寛選手も獲得した。

来年30歳になる山本泰寛選手には、不安要素が残る二遊間のバックアップ選手としてと思います。

がしかし、今年日本一になったタイガースの木浪聖也選手のようにワンチャンもあるかも知れないくらいの実力派遊撃手であることは確かだと思います。


ただ遊撃手は、田中幹也選手か龍空選手かカリステ選手で期待しているので、この3人にいい刺激を与える働きを見せて欲しいと願います。

育成契約 板山祐太郎選手 

板山祐太郎選手もタイガースから戦力外通告を受けて、獲得した選手だが、未知数の選手が強い為育成契約になったと思います。

凄い選手というのは耳にしますが、何分一軍で結果を出していない選手だか、昨年現役ドラフトで活躍した細川成也選手のような活躍をする可能性を持った選手だから獲得したと感じました。

まとめ


近年のドラゴンズの抱えていた問題 得点力不足は、実績豊富中田翔選手を核に、代打の切り札中島宏之選手で補えたと思います。

上林誠知選手の活躍は、強竜打線復活ピースと期待大の魅力的な選手。

山本泰寛選手板山祐太郎選手の活躍した時は、優勝か3年連続最下位と極端な結果になると思います。

理由は、最下位の場合から説明すると今回の大型補強の中田翔選手、中島宏之選手、上林誠知選手不発の場合です。

その反対のリーグ優勝の理由は、簡単で大型補強の選手達が機能した時です。

この文章を書いている少し涙が出てきました。この補強は色んな物を得ると思いますが失うことが多いと思います。

では、また! 


Tags:


Comments

コメントを残す

PAGE TOP