ドラゴンズ ヤクルト戦ピンチ 対策

中日ドラゴンズの応援サイト

ドラゴンズ ヤクルト戦ピンチ 対策

2021年6月19日 ドラゴンズリーグ戦 0

リーグ戦再開

先日のリーグ戦再開の試合残念でした。今シーズン安定感抜群の柳投手。

でも、どこかで不安を抱えていました。それがなんなのかは、ヤクルト戦

で勝てない。毎年そうか?まずここから!

過去10年 対ヤクルト対戦成績

2020年 15勝7敗2分

2019年 14勝11敗

2018年 10勝14敗1分

2017年 15勝10敗

2016年 9勝16敗

2015年 11勝13敗1分

2014年 11勝12敗1分

2013年 11勝13敗

2012年 8勝13敗3分

2011年 11勝10敗3分

近年のイメージが強かっただけなんですね。トータルでは、ヤクルトの方が

優位に試合を進めている傾向があります。

では、今シーズンはどうなのか?

今シーズンヤクルト戦 分析!!

ヤクルト戦では、誰に気を付ければいいのか?

試合結果ドラゴンズ先発Pヤクルト先発Pタイムーリー犠打複点タイムーリーHR(ソロ)HR(2ラン)HR(3ラン)
6/18●2対5石川村上オスナ
5/16分2対2奥川村上
5/15●0対5福谷小川サンタナ山田、オスナ
5/14●1対4勝野金久保サンタナ×2、山田、山崎
4/25●3対4小笠原小川中村、村上、サンタナ、オスナ
4/24●3対4高梨オスナ山田
4/23●4対6松葉奥川山田、村上、川端中村山田×2
4/11〇2対1小笠原田口中山
4/10分2対2小川村上

村上選手 4HR 1タイムリー 8打点

山田選手 3HR 3タイムリー 8打点

オスナ選手 2HR 2タイムリー 8打点

サンタナ選手 1HR 2タイムリー 4打点

中村選手1HR 1犠打 2打点

川端選手 1タイムリー 1打点

山崎選手 1タイムリー 1打点

中山選手 1犠打 1打点

計 33失点

クリーンナップの3人(山田選手、村上選手、オスナ選手)+1(サンタナ) 約85%

の得点源になっていることがわかります。まず失点を防ぐ為に

この4人を抑えること。それと1番塩見選手、青木選手はなるべく出塁

させないことが必須。

まずは村上選手,とにかくホームランを打たれないこと。

山田選手は、漬け込むスキが見当たらない。

オスナ選手は、特に警戒(チーム合流してドラゴンズが勝っていない)多分彼が原因

サンタナ選手は、最近は抑えられているか、調子が悪いか

投げる方は、3人の川に警戒。小川選手、奥川選手、石川選手を打ち崩す

4月23日のリードしている試合で、松葉投手が一気崩れた瞬間から

一度も優位に試合を作れていない。まずは、得意の先制して勝。これを

見せつけましょう。それとあれだけ安定している柳投手でも勝てない試合

続いていますので、エース大野投手がまだ今季対戦していないので、

完封勝利で流れをドラゴンズに戻してほしいと思います。

コメントを残す