中日ドラゴンズ❕強竜打線復活する為、ホームラン量産は必須❕!

中日ドラゴンズの応援サイト

中日ドラゴンズ❕強竜打線復活する為、ホームラン量産は必須❕!

2021年11月23日 2021年リーグ戦 中日ドラゴンズ 0

強竜打線とは

強竜打線、強竜打線とわたくしも使ってましたが、

はっきりとした語源が分からずに使っていました。

この際、しっかりとした語源に沿って、強竜打線復活

を追求していきたいと考えています。

語源、狭いナゴヤ球場で、ホームランを量産して他球団が恐れて

いたことから、中日ドラゴンズ打線を愛称で、強竜打線

が言うようになり、スポーツ新聞、ニュースのスポーツ枠

だったりで、よく使われています。

強竜打線復活!ホームラン量産に障害

はい ここで強竜打線復活に障害が発生してました。

それは、言わずと知れた日本一ホームランが打ちづらい球場

バンテリンドーム(旧ナゴヤドーム)

大凡シーズン中、半分の試合を消化します。

このバンテリンドームをホーム球場にしている

わが中日ドラゴンズがどうしたら、強竜打線として

恐れられる存在になれるのかを検証したいと思います。

  • 問題点:広ーいバンテリンドームで、ホームラン量産が困難

ホームランを打つ!本当に困難なのか!!

ウィーン君
ウィーン君

ここでは、わたくしが考えるバッター

の心構え的な事を話します。

野球は好きですが、経験者ではありません

ので、あくまでもファン視点での話です。

まずこれを言ったら最後ですが、相手のピッチャーが

最高の出来だったら、最高のバッターであっても、

狙ってホームランを打つのは、バンテリンドームに

問わず困難なものです

相手ピッチャーのミスを逃さず捕らえるこの集中力

と、その失投を鋭いスイングと、バットの芯で捕らえる

その状況が一番ホームランが打てる瞬間です。

次に各バッターにも特徴があり、インコースが好きな打者も

いれば、アウトコースが好きな打者もいます。

各打者が、好きなコースに投げさせるまで、

相手バッテリーを導いて、好きなコースに投げ込んで

きたら、待ってましたと力まずいつものスイングで

捕らえる

とにかく、相手投手が投げてから、0.4から0.5秒の世界

なので、その間に少しでも迷いがあったらそこで、

捕らえることが困難な世界です。

そこを見せてくれるのが、プロ野球選手なのです。

  • 近年の中日ドラゴンズがホームラン                              が打てていないのは、精神的な問題                               だと思います

強竜打線は、どのくらいホームラン打っていたの?

強竜打線復活と言ってみたものの、どれだけホームランを

打ったら、恐れられるか!大凡想像は出来ますが、

全く新表性の無い数字に成り兼ねませんので、過去

に恐れられた年を振り返り、具体的な目標の本塁打

をいくつくらいなのか?では!

https://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%BC%B7%E7%AB%9C%E6%89%93%E7%B7%9A

1974年強竜打線

讀賣ジャイアンツ1973年には、前人未到V9を

成し遂げ、1974年のV10を止めたのが、

中日ドラゴンズでした。

そんな年の本塁打数を見ていきたいと

思います。

二桁本塁打を重点的に見ていきます。

  • マーチン 35本
  • 谷沢健一 22本
  • 木俣達彦 18本
  • 井上弘昭 18本
  • 高木守道 15本
  • 島谷金二 11本
  • 大島康徳 11本(代打)

大島康徳さんの代打11本は素晴らしいの一言

外国人助っ人のもう一人が打てばもっと迫力抜群

強竜打線だったと思います。(ちなみにこの時の

私は、はじめて地面を両脚であるった最初の年

ですね。余談ですが👶)

  • スタメン8人中6人が二桁本塁打
  • 20本前後が3人
  • 30本以上が1人
ウィーン君
ウィーン君

2022年の強竜打線理想は、

主砲が1人いてこれが、4番バッターですね。

3人の20本以上のバッターは、3番、5番、(6番か7番)

後は、残りのスタメンメンバーは、二桁本塁打をうつ。

今年の成績を見ると、厳しいような感じが

しますよね。

でも、今年は、打撃陣で言えば、調子悪い底辺の底面

です。後は調子を上げるだけですよね。

1988年強竜打線

1988年は、第一次星野監督政権での二年目の年でした。

2022年から立浪和義新監督が、選手時代ルーキーの時で、

わたくしも中日ドラゴンズファンになって直ぐの優勝だった

ので、記憶の残った強竜打線でした。

  • 落合博満 32本
  • ゲーリー 19本
  • 宇野勝 18本
  • 彦野利勝 15本

1974年に比べてみると分かりますが、ホームランの数が

少ないですが、落合博満さんの存在が大きく星野仙一監督の

闘争心溢れる魂が房ぶられる戦うことに飢えた感じさえ

感じていました。

  • ホームランを打っている選手が少ないが                            闘争心溢れるチームでも、強竜打線だ!                                        

1996年強竜打線

ナゴヤ球場での最後の年だったこの年、今このブログ記事を

書いていて、成績を見直すととても破壊力                           抜群な強竜打線の年でした。

  • 山崎武司 39本
  • 大豊泰昭 38本
  • コールズ 29本
  • パウエル 14本
  • 中村武志 12本
  • 音重鎮 11本
  • 立浪和義 10本

チーム内での山崎武司さんと大豊泰昭さんと松井秀喜さん

ホームラン争いは素晴らしいと思います。

そのほかにも、パウエルさんにコールズさん

4番バッターに1番バッターそれぞれの役目が通常の

打線とは違う強竜打線に相応しい打線でした。

それとやぱっりミスタードラゴンズ立浪和義さん

3番で高打率いるのは理想形でもあり、チームの核

だったと思います。

  • 超強力強竜打線でも、精神的支柱の選手が必要!!

新生中日ドラゴンズ!強竜打線のポイント

ミスタードラゴンズ立浪和義新監督になり、大いに強竜打線復活

の声も日に日にメディアを通じて聞こえてきます。

各選手の活躍がポイントにはなってきますが、

1996年の立浪和義さんのような精神的な支柱

加えて、本人の活躍も大事になると思います。

そこで、どの選手を核にした強竜打線になれば

いいかを考えたいと思います。

  • ビシエド選手を中心とした強竜打線
    • 本年度のような活躍ではなくビシエド選手                        のNPB初年度に近い形でチームの主力になる
  • キャプテン高橋周平選手を核になる強竜打線
    • 2021年度は、大ブレーキだった高橋周平選手                        だったので、昨年までの高橋周平選手の活躍                       プラス、ホームラン数も一気に伸ばす
  • 新外国人助っ人を核とした強竜打線
    • チーム全体から見ても、ホームランバッター                        がいないので、手短にパワーのある新外国人                       助っ人に期待する
  • 若手の筆頭によるチーム力が覚醒する強竜打線
    • 根尾昴選手、石川昂弥選手、岡島勇希選手
    • 2021年ドラフト会議で獲得した新戦力                          ブライト健太(ドラフト1位)鵜飼航丞                         (ドラフト2位)福元悠真(ドラフト6位)
  • ベテラン・中堅選手の再ブレーク
    • 若手の筆頭により特に中堅の堂上直倫選手、                       阿部寿樹選手、加藤翔平選手の奮闘
    • 療養中の平田良介選手に期待したいが、                          病気を完治してもらってから完全復帰                          まで我慢しましょう
    • それとまだまだ元気で頑張ってほしい                           福留孝介選手
  • ヒットマン大島洋平選手には、単打だけでは                          なくホームラン二桁、打点50点をあげてほしい。
ウィーン君
ウィーン君

ちょっとポイントが数多い気がしますが、

やっぱり打たないとチャンスも作れないし、

チャンスで活躍することも出来ません。

なによりドラゴンズの選手が活躍すると

とても幸せな気持ちになるので

欲張ってもいいよね

2006年強竜打線目標となる成績

ここまで、参考にする強竜打線のホームラン数に

特化してきましたが、お気づきの人もいると思いますが、

ここまでの強竜打線は、ナゴヤ球場をホームにしていた

シーズンの話なのである。

今やバンテリンドームでの強竜打線も参考にしない

夢物語のような話に成りかねません。

そこで参考にするのが、2006年強竜打線を見ていきたい

と思います。

  • タイロン・ウッズ 47本
  • 福留孝介 31本
  • アレックス オチョア 15本
  • 井上一樹 11本
  • 森野将彦 10本

調べてみるとホームラン数だけで言うと二桁

ホームランを打った選手が5人しかいませんが、

3番福留孝介選手 4番タイロン・ウッズ選手ずば抜けて

凄いので、ほかの選手がホームラン数が少なくても、

中日ドラゴンズの歴史でもずば抜けて強烈な強竜打線だった

と思います。

そこで、2006年の超強力強竜打線を現中日

ドラゴンズメンバーを当時のメンバーのような

活躍をしてほしいので、各選手の目標にする

選手を上げたいと思います。

  • タイロン・ウッズ → ビシエド選手本塁打35本
  • 福留孝介 → 高橋周平選手本塁打25本
  • アレックス・オチョア → 新外国人選手本塁打28本
  • 井上一樹 → 福田永将選手本塁打22本
  • 森野将彦 → 石川昴弥選手本塁打18本
  •        木下拓哉選手本塁打20本
  •        阿部寿樹選手本塁打15本
  •        大島洋平選手本塁打12本
  •        京田陽太選手本塁打16本

各選手ごとに目標本塁打を掲げましたが、2021年

シーズンでは、本塁打を余り打てませんでした。

なので各選手の期待値から言えば若干低めの目標値

しました。

次回は、各球場ごとの話題にします!!

コメントを残す