交流戦までを振り返って😒

中日ドラゴンズの応援サイト

交流戦までを振り返って😒

2021年5月24日 2021年リーグ戦 0

開幕前から盛り上がり過ぎた

昨年の開幕戦も劇的な勝利だったが、今シーズンの開幕戦も鮮やか過ぎる

勝ち方だったので、 今年こそはいける と気負い過ぎました。

わたくしだけじゃないと思いますが、以後ナイスゲームはありますが、

連勝は、4月21,22日と27,28日と4月30、5月1日の3回だけ。

4連敗が1回(4月13日~16日)、3連敗が3回(4月3~6日)(4月23日~25日)

(5月13日~15日)連勝止まりなのに、こんなに頻繁に連敗していては、

借金生活から、脱出するのは、当面難しいと思います。

現成績45試合16勝22敗7引 残り98試合内(交流戦18戦)

交流戦が終われば残り80試合になります。

こんな状況なので、交流戦は大事になってきます。

明日からガラッとチームを明るく、楽しくやりつつ連勝を伸ばせる

ようになっていってほしいと思います。

基本タレレバ好きではありませんが、

振り返りつつ前向きに語りたいと思います。

分かりやすいので、投手の成績から、

5/24日現在の成績

・福谷浩司 2勝4敗

・柳裕也 3勝1敗

・小笠原慎之介 3勝2敗

・大野雄大 2勝2敗

・勝野昌慶 3勝3敗

・松葉貴大 0勝2敗

・ロドリゲス 0勝1敗

・梅津洸大 0勝1敗

・谷元圭介 0勝1敗

・又吉克樹 0勝1敗

・祖父江大輔 0勝2敗

・福敬登 0勝1敗

・マルティネス 0勝1敗

・鈴木博志 2勝0敗

・藤島健人 1勝0敗

ここからは、ヒットが後一本ででいたら勝っていた試合を見つけ、

タラレバで、空想しましょう。

福谷投手は、5/8の広島戦 柳投手は、ヤクルト戦4/10、5/16

小笠原投手 3/28広島戦、5/11阪神戦

大野投手 3/30讀賣戦 4/20横浜戦 5/21讀賣戦

松葉投手 4/23ヤクルト戦 梅津投手5/3横浜戦

又吉投手 5/13阪神戦 福投手 4/3阪神戦

マルティネス 4/24ヤクルト戦

これを勝敗に置き換えますと。

仮想の成績

・福谷浩司 3勝3敗 (1敗→1勝)

・柳裕也 5勝1敗 (2引→2勝)

・小笠原慎之介 5勝2敗 (2引→2勝)

・大野雄大 5勝2敗 (3引→3勝)

・勝野昌慶 3勝3敗

・松葉貴大 1勝1敗 (1敗→1勝)

・ロドリゲス 0勝1敗

・梅津洸大 1勝 (1敗→1勝)

・谷元圭介 0勝1敗

・又吉克樹 1勝 (1敗→1勝)

・祖父江大輔 0勝2敗

・福敬登 1勝 (1敗→1勝)

・マルティネス 1勝 (1敗→1勝)

・鈴木博志 2勝0敗

・藤島健人 1勝0敗

赤字は、仮想です。

現在は、チャンスを生かし切れていませんが、

仮に、あそこで一本でも出ていたら、現在どの順位にいたのか、

単なる興味本位ですが、このような成績になった可能性も

ありました。

29勝16敗なんと貯金13 勝率630 首位になってますね

ただ現実では、仮想状態と今のままの阪神の成績が余り

変わらない。これが現実です。

コメントを残す